We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Born of the Bomb / Lich King【レビュー】

Born of the Bomb


俺待望!

アメリカのオールドスクール系スラッシュメタルバンド、Lich Kingの4thアルバム「Born of the Bomb」(2012年)です。
10曲収録。


来たよ!俺が大好きLich King!
どうやら以前ベースをしていた人がリズムギターへ転向、ベーシストを新たに迎えたようです。


ジャケットはアルバムタイトル通り、爆弾生まれな感じですね。
前作までのキングさんは爆弾生まれということでしょうか?


内容は、
前作までよりもかなり洗練された音になっています。
というか、意図的に音を変えた?
非常にきっちりカッチリと作られた音になっていますね。

ギターは以前のような刺さる音が抑えられ、非常に聴きやすくもスラッシーなジャキジャキ感がよく出ています。
刻み至高は相変わらず。
あれ、このリードギターなかなか上手くね?

ベースはやはりバキバキな音。
かなりパワーが出ていますね。

ドラムもかなり綺麗で激しい音になっています。
今までスカスカなような軽めだったスネアとバスドラムが重い音へ変わり、そして激しく打ち鳴らす金物が激しさを倍増させる。
タムは重心高めで飛び道具的な感じ。
スラッシーなドラミングで突き進む。

ボーカルは以前よりも高音成分が多くなり、以前のようにガナリたて吐き捨てるだけからしっかりと、リズムを取り若干のメロディを付けつつも更に激しさの増した吠え方をします。
#6で思いますが、ただがなり吠えるだけの前作までからかなり上手くなってる。
稀にですがハイトーンまで出します。
コーラスもパワーがあってよい。


各トラックのレートは、

#1 All Hail ★4
#2 We Came to Conquer ★5
#3 Wage Slave ★4
#4 In the End, Devastation ★4
#5 Fan Massacre ★5
#6 Agnosticism ★5
#7 Combat Mosh ★5
#8 Axe Cop ★4
#9 Agents of Steel ★4
#10 Lich King IV (Born of the Bomb) ★5


Top3は、


#2 We Came to Conquer
音とかこんだけパワーアップしたのに、イントロとか至るところに一発でLich Kingだ!って分かるリフがいっぱい!
初っ端から回転が速くテンションの高い刻みを見せ付けます。
ソロ後の終盤の展開も、一旦落ち着けてからとなかなかに巧み。
ホントは#1から続く曲なので続けて聴いてもらいたいです。


#7 Combat Mosh
イントロからいきなりノっけてくるネーーー!!
これもまたLich Kingと一発で分かる!


#10 Lich King IV (Born of the Bomb)
最後の最後でやはり持ってきますねー、セルフタイトル4作目!
しつこいほどにLich kingと名の付く曲を持ってきますが、今作はひたすらに高速で刻む!
そんなんで8分近くやって大丈夫なのか、と言いたくなるほどです。
(大丈夫です、いろんな展開をしっかり作ってましたから)
最後のほうでは他のメンバーがボーカルに参加しています。


Top3とは言いましたが、もう1曲。
#6 Agnosticism
Lich Kingにしてはかなり珍しい曲調。
スローでかなりタメている感じ。
若干哀愁漂うバラードな雰囲気まで出してくる。
が、後半のソロに入ったところからの展開が見事!
リフもかなりかっこよいものを持ってきている。
必聴の1曲!


はっきり言って今作は、
かっけーーーーーー!!!
です!
最近の、若手で特に実力のあるバンドはLazarus A.D.やWarbringer、個人的にはあとInvectionと思っています。
今作を聴いて、Lich Kingはそこへ迫る勢いです。
前から劣化Warbringerとか言われていましたが、私的にはWarbringerの最新作よりこっちのほうがかっこよい!

以前からの鋭い刻みとしっかりとノせるフレーズ、そこへ音質面の強化と全体的なレベルアップ、とかなり強力になって帰ってきました。
もう少し聴いていたら、下手すりゃ★5がもっと増える勢いです。


評価 ★5


動画はWe Came to Conquer



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。