We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】ATH-ES10 / audio-technica【レビュー】

ES10


今回はオーディオテクニカのポータブルヘッドホン「ATH-ES10」です。
価格.com最低価格(12/16時点):¥28,905


○基本スペック
タイプ:オンイヤーポータブルヘッドホン
構造:密閉ダイナミック型
ドライバー口径:53mm
インピーダンス:42Ω
再生周波数帯域:5Hz-40,000Hz
音圧感度:102dB
プラグ:3.5mm ストレートタイプ
コード長:1.2m
質量:200g
付属品:ポーチ、クリーニングクロス


○外観
高剛性チタンハウジングに鏡面仕上げ、その上にヘアライン加工というなんとも贅沢な作り。
ポータブル用ながら一見して高級感の塊のような概観です。
が、鏡面仕上げで止めてくれないと、傷が入ってるだけって思われちゃう・・・


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■


○聴き比べた主な曲
#1 Up All Night / Speedwolf(オールド系スピードメタル)
#2 Fight'em 'Til You Can't / Anthrax(モダン系スラッシュメタル)
#3 Behemoth / Static-X(インダストリアルメタル)
#4 Stone of the Seven Suns / Suidakra(メロデス系ヴァイキングメタル)
#5 God Has All Glory / HB(シンフォニックメタル)

気持ちの良かった順番
#4>#2=#3>#1>#5

どちらかというと、最近の技術を多用した音圧を上げたような曲のほうが良く合うと思います。
そのためか、モダンなイメージのあるメロデス系ヴァイキングメタル、モダン系スラッシュメタル、インダストリアルメタルが気持ちよく聴けました。
それに対しオールド系スピードメタルは美味しい部分が上手く鳴らせていないような・・・というなんとなく不完全燃焼感があります。
シンフォニックメタルは、単純のこのヘッドホンとは相性が良くないかと。


○欠点
ポータブルでの用途を想定して作られたためかオンイヤー型になっており、オンイヤー型の宿命か長時間装着していると耳が痛くなります。
が、オンイヤーとしては痛くなりにくいほう。
最初から耳に合わせてハウジングをハの字にして使うと良いです。

むしろそれよりも、メガネをしているとかなり痛くなる。

あと、ポータブルしてると鏡面仕上げによりかなり目立つ。

音では、高音にちょっとクセがあるようで、若干膜のかかったような音がしている気がします。
その辺りがシンフォニックメタルとは合わなかったのでしょう。


○その他
私の印象としては低音と中音が強く、高音はそれに比べて弱め。
が、(ポータブルとしては)高音の分離感が高いためそこそこ聴こえやすいです。
しかし、ライドシンバルなど中~高音の中間あたりに位置するような音は聴こえにくいです。

ポータブル用としては、ポーチのおかげで持ち運びやすい。
音漏れは、常識的な音量であれば少ないと思います。

どちらかといえば、所有欲の満たされる系なヘッドホンですね。


○メタル度
低~中の間あたり。
あまりオススメは出来ないかなと思います。
もう少し極端に中音が強いか、ドンシャリで高音が綺麗なタイプであればよかったのかな、と。
このヘッドホンは最近のポップ系音楽などに合わせて作ってあるのかなと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。