We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】Edition 8 / Ultrasone【レビュー】

さて、私が持っているヘッドホンの中でも(2013/1/11時点で)最高額のものを出します。


はいドーーーーン!!
Edition8


ということで今回は、既に記事タイトルでバレてましたがドイツのヘッドホンメーカー、Ultrasoneのヘッドホン、Edition 8(Ruthenium)です。
価格.com最低価格(2013/1/11時点):¥106,800

今までのヘッドホンとは一桁違いますね!


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーポータブルヘッドホン
構造:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:30Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:1.2m
質量:260g
付属品:4.0m 延長コード、6.3mmステレオプラグ変換アダプター、クリーニングクロス、仏製マドラスゴートスキン・キャリングバッグ


○外観
キラッキラやで!

私が買ったのはEdition 8シリーズで一番安いルテニウムバージョンですが、とにかく綺麗に写る鏡面仕上げで高級感ッパないです!
そこへ高級なシープスキンを使ったパッド類と、高級感のダメ押し!
もう付属のキャリングケースすら高級感を放ってる始末。
形はPro2900やEdition 9や他のシリーズのように宇宙人にはなりません。
買ったときの満足感物凄いです。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■□
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■■


○聴き比べた主な曲
#1 Lord Of All That Remains / Mad Maze(オールドスクール系スラッシュメタル)
#2 Electric Rattlesnake / Overkill((音が)モダン系スラッシュメタル)
#3 Emerald Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Assassins Of Youth / Wayne Static(インダストリアルメタル)
#5 Eyeless / Slipknot(激重系オルタナティヴメタル)

気持ちの良かった順番
#2>#1=#3=#4=#5

とりあえずどれも甲乙付けがたかったのですが、特にOverkillのようなモダン系スラッシュな音は非常にかっこよかった!
しっかりとした録音で、低音をはっきりと出しそしてギターは切れ味鋭い音を出すバンドの音には特に合います。

オールドスクール系でも録音の荒を出しまくるような感じではなく、違和感無く上手いこと聴かせてくれますね。

シンフォニックメタルではさすがのバランスで、どの音も潰れることはありませんでした。
しかも超低音までよく出るので、バスドラムを踏んだときに超低音域で表現される空気感までわかります。

Pro2900のレビューでも書いたように、このメーカーのヘッドホンは電子音に強いのでインダストリアルもなんのその!

そして激重メタルだって、この低音再生能力があれば大丈夫!

マジで万能ですな。


○欠点
キラッキラのテッカテカやで!
なのでポータブルしてると非常に目立ちますw

ポータブルする最高級機をコンセプトに作られたのに、ハウジング部の回転ができないのは残念かな。

高額すぎるというのは無しでお願いします。
まぁ、コスパは悪いということで。


○その他
すんごいのよ!
まず音で言うと、高音寄りの弱ドンシャリ。
重低音が好きな私が高音寄りのドンシャリ、もしくは高音寄りのフラット気味が好きになっていったのは明らかにこいつのせい。
それほどまでに綺麗な高音を出し、しっかり沈み込み迫力のある低音や超低音を出します。

そして解像度がめちゃすごい!さすがだね!
曇り、篭ったような音とは無縁!
何も考えることなくスッと聴けます。

装着感は上々、側圧は強すぎずポータブル用としてはちょうど良い。
この側圧のおかげでかなり外音をシャットアウトしてくれます。
シープスキンのパッドがやわらかく、メガネをしていても痛くなりません。

値段としては最高級機クラスの値段ですが、同価格帯の他のヘッドホンと比べて圧倒的に軽いです。

何度も書いたようにポータブルする最高級機をコンセプトとしたヘッドホンです。
音は最高級機レベル、ポータブルしても重くない、付けてて痛くならない。
最高ではないですか。


○メタル度
高!(~激高)
正直言って何でも上手く鳴らしてしまいそうな感じです。
どんなメタルにでも使えちゃいますね。
結構万能選手タイプです。

こっそりメタルではないロックやパンク、アコースティックな音も聴きましたが、どれも綺麗に鳴らしていて良い感じ。

お財布事情が許すのなら初めてのハイエンド機器として買って損はないのでは。
が、もしポータブルしてまで聴かない!家でしか使わん!
ということであれば、他の機種を買うことをオススメします。


ちなみに、私は以前にここの記事にも書いたHeadroomのセットで買いました。
なのでセット割引で約3万ほど安く買えました^^
そのセットについてたヘッドホンアンプがこれ、ポータブルと名の付くヘッドホンアンプでは最大サイズ最高額のものですw
PDA


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。