We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Blut Im Auge / Equilibrium【入魂】

Sagas


ひっさびさのレビューなのでまずは感覚を取り戻す意味でもこの曲。


今回はドイツのヴァイキングメタルバンド、Equilibriumの2ndアルバム「Sagas」より「Blut Im Auge」(2008年)です。


びっくりするほどクサく、そしてブラックメタル張りに激しいと、まさにヴァイキングメタルをそのまま体現したようなバンドです。
某ヴァイキングメタル系レビューサイト(ポルナレフのスタンド的な名前のとこ)で管理人さんがバンドメンバーと直接連絡をとってEPを取り寄せ、そのEPのころから取り上げてたりと、そこの人が広めたといっても過言ではないバンドです。


ジャケットには古びた絵のような写真のようなものが壁に貼り付けられてる?机に置かれてる?
写真にはヴァイキングらしき人が写ってますね。
山や海、川などが多いヴァイキングメタルのジャケットにしては珍しいと思います。


音はもういろんなものがありすぎて大変ですが、実は普通のバンド形態+キーボードです。
キーボードでフルート、アコーディオン、ヴァイオリン、ホーンなどのような音を出しているんでしょうかねー。

ギター、ベース、ドラムは非常に重みがあり、所謂プリミティヴなブラックメタルみたいな低音質な雰囲気はありません。
ボーカルは完全なブラックメタルのそれ、迫力十分!

やっぱりなんと言ってもこのバンドはキーボードによるアンサンブル。
ギター、ベース、ドラム、ボーカルだけを聴けば普通のブラック系なメタルで、所々クサいってだけです。
が、そこにこのキーボードのアンサンブルが加わることで、全編があまりにもクサく、悶絶してしまうような雰囲気を纏います。
もうこのアンサンブルのために曲を作ったんじゃないかと、そんなレベル。


曲詳細



●イントロ
最初はゆっくり、ヴァイキングやフォークメタルでおなじみのビヨーンビヨーンももちろん忘れずに!
すでにこの時点でとてつもないクサさ。
イントロ後半ではこれがスピードアップしギターとボーカルの叫びもプラス!
激しくクサいです、大東京での異臭騒ぎかってレベルです。


●ヴァース
1回目と2回目ではキーボードが若干違います。
2回目はアコーディオン風な音になり、こっちのが好き。
このパートでは全体的にスピード感を重視した高速パート。
ただし2回目後半は若干スピード感を落としたような演出でプリコーラスへ繋ぐ。


●プリコーラス
こっちも1回目と2回目で変わります。
1回目は若干コミカルな、聴きようによってはスカのようなリフに、やはりあまりにもクサいキーボードが映える。
2回目ヴァースでスピード感を落とした分、今度はプリコーラスにスピード感を付け加えるというニクイ演出。


●コーラス
よく言っちゃいますが・・・あります?
まぁ間奏がコーラス、サビのようなものですね!


●他
途中若干ゆったりとした曲調に変化し、その後に非常にブラック譲りな激しいパートへ。
その後イントロ後半のメロディに繋がりアウトロへ。
最後の最後まで徹底したクサさ。


やはりあまりのクサさに悶絶、某悶絶系大型レビューサイトみたいになってしまいました。
実はこのバンドの1stから3rdまで持ってたりしますが、今までレビューをしなかったのはあまりにもクサ過ぎてヴァイキングメタルでは定番化、私が今更書く必要は無いかなーと思ってたからです。

もし他のアルバムからも書いた場合、またクサいクサいと言ってしまいますw
※注:クサいとは、臭いではなく演出がクサい、的な意味



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。