We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】MDR-1R / SONY【レビュー】

MDR-1R


今回はSonyのヘッドホン「MDR-1R」です。
価格.com最低価格(6/13時点):¥15,480


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉、ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:24Ω
再生周波数帯域:4Hz-80,000Hz
音圧感度:105dB
プラグ:3.5mm Lタイプ
コード長:1.2m
質量:240g
付属品:ノーマルケーブル(1.2m)、iPhone・iPod用ケーブル(1.2m)、キャリングポ-チ


○外観
安っぽさはさほど無く、なかなかにスタイリッシュ。
SONYロゴが一際輝く。
ブラック&クロームメタルに赤が映える。

キャリングポーチも安っぽくなく良い感じ。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■□
低中:■■■■
低音:■■■□
超低:■■


○聴き比べた主な曲
#1 Resuscitate / Alkoholizer(オールドスクール系スラッシュメタル)
#2 Weapons of Class Destruction / Hatriot(ニュースクール系スラッシュメタル)
#3 Made In Hell / Halford(正統派ヘヴィメタル)
#4 Sirene / Nachtgeschrei(フォークメタル)
#5 Assassins Of Youth / Wayne Static(インダストリアルメタル)

気持ちの良かった順番

#4>#1=#2=#3=#5

どれでも素直に表現して、その曲の楽しい部分を上手く引き出してくれてました。
そんな中でも#4のような楽器数が多く、そして綺麗な録音がされているものはより一層気持ちよくなる。

またギターの壁という表現が似合うくらいギターを厚く熱く聴け、録音状態の良いものはかなり良い。


○欠点
あまり見つからず。
何か書いときたいと思ったのに何も思いつかない。

強引に言ってしまえば、スペック表の「再生周波数帯域:4Hz-80,000Hz」は体感できないのでこれに期待しても意味は薄いこと。


○その他
まずはその装着感に度肝を抜かれる。
とてつもなく付け心地が良い。
メガネをしてたってヘッドホン使ってないときと変わらないくらい。

そしてバランスが良く、軽く感じる。
さほど重いものではないが、バランスの良さと付け心地の良さで実際の重量よりも軽く感じる。

音は全体的にバランスの良い低音寄り。
低音寄りとは言っても重低音系ではない程度。

音場はちょい広め。
不自然じゃない程度。

音の各所がなかなか細やかに再現されている。
若干の曇りはあるが、さほど気にはならない。
値段の割りに、抜きんでた能力と思われ。

スペック的に高域は80,000Hzまで出るとなっているが、その辺はどう効果があるのかわからない。

音漏れは若干。
ただ電車のときのように音量を上げた状態で部屋で聴くと、と言った感じなのでさほど気にする必要はないかも。

遮音性は低い。
外の音は結構聴こえます。
逆にアナウンスとか聞こえ易くていいかもしれんけど。

ポータブルを想定されているだけあって、スイーベル機構も付いてて薄くなるし軽いし、質の良いキャリングポーチは付いてるし文句無し。

ケーブルも2本付いてる太っ腹ぶり!

ちなみに、ドライバーが斜めに配置されているため、後ろへ下げ気味に付けるとUltrasoneのヘッドホンみたいに高域がさらに強くなります。


○メタル度
高!
メタルに合わせる場合には、音を細やかに再現してくれるだけにギターの壁を作ってあるメタルで圧倒されるような圧力。
低域も高域しっかり出るためメタルの重さも、激しさもしっかり表現。

正直言って、メタルじゃなくてどれでも無難に楽しめると思う。
今現在、初めて1万を超えるヘッドホンを買う人へはダントツでオススメしちゃう逸品。


リケーブルはまた今度^^


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。