We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Legions / Artillery【レビュー】

Legions


デンマークのベテランスラッシュメタルバンド、Artilleryの7thアルバム「Legions」(2013年)です。
10曲収録。


このバンドは昔から定評があったみたいですが、最近活動が活発になってますね。
今回はボーカル交代後初アルバムです。
また、レーベルをMetal Blade Recordsに移籍して最初のアルバムでもあります。
交代後のボーカルの実力が気になりますね。


ジャケットは白と黒でまとめてある。
バンドロゴの後ろに最近よくいる死神。
手前には旗のようなものを持った何か。
色味を変えて作った絵がなんとも良い雰囲気。


音、プロダクションは大手レーベルに移っただけあって良い。
全体的に前々作のアルバムに近くなった印象。

最近のArtilleryと言えばこのジャリジャリ感を極めた、剃刀のような切れ味のギター。
相変わらずにかっこよい。
これで6弦開放のブリッジミュートを刻んだときなんて、まさしくみじん切りのごとく切り刻み!

ベースはアタック感の強過ぎない、全体に染み渡るような音。
ギターとの音の棲み分けが比較的聴こえやすい。

ドラムはアタック感が強く高めな音のスネア、バスドラムはさほど強めな音にせず歯切れの良いタイトな音。
金物は左右に広く、特にライドシンバルはかなり遠い。
金物で激しさを強調するような状態にはなっていない、ギターを引き立たせるためか。

そして一番気になるボーカル。
全ボーカルに若干近い人材のよう。
出来るだけきっちり歌うタイプ。
少し粘りがあるかのような歌い方。
声はなかなか伸びがある。
中音域~高音域が得意な印象を受けます。
悪くないと思いますが、前ボーカルのほうがパワーがあり、また器用に歌い分けるのでそっちのほうが好きかな。


各トラックのレートは、

#1 Chill My Bones (Burn My Flesh) ★4
#2 God Feather ★4
#3 Legions ★4
#4 Wardrum Heartbeat ★4
#5 Global Flatline ★3
#6 Dies Irae ★4
#7 Anno Requiem ★4
#8 Enslaved to the Nether ★4
#9 Doctor Evil ★3
#10 Ethos of Wrath ★4

Top3は、


#6 Dies Irae
イントロは呪術的なような、民族的なようなフレーズ。
最初こそゆっくりめの曲調ではあるが、徐々に速くなる
途中には吐き捨てのような上体のボーカルに代わることも。


#1 Chill My Bones (Burn My Flesh)
フォークメタルと間違えたか?
そんな出だし。
しかしそこはいつものArtillery。
中東音楽のようなイメージのメロディを乗せた激しいギターがかっこよい。
スピード感のあるギターリフがまた良い。


#8 Enslaved to the Nether
まずはバラード調な雰囲気。
スネアの圧とボーカルがあまり合ってない節もあるがそこはまあ大丈夫な範囲かと。
後半から雰囲気が変わる。
スピードが上がり、ギターが刻み唸るようになる。
ドラムは激しくなりボーカルも力が増す。
そして一旦落ち着ける。
その後のギターソロが至高。


相変わらずかっこよいギターだな。
まずはその一言に尽きる。
それからボーカル交代による影響はさほど大きいわけではないですが、私的にはやはり前任のボーカルのほうが。。。
まあボーカル一人だけ若かったので仕方なかったのかもしれないですねー。
アルバムそのもの出来はまあまあ、一撃が無いのが残念。


評価 ★3


動画はWardrum Heartbeat




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。