We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】X6 / 上海問屋【レビュー】

上海問屋X6


今回は上海問屋のオーバーイヤーヘッドホン「X6」です。
価格.com最低価格:無し
上海問屋のページにて¥2,999

そういえばヘッドホンタイプをレビューするのは久しぶりですね。

なにやら楽天が優勝してセールがーとか買い回りがーとかうちの嫁さんが言ってて、私に欲しいものがあったら注文するって言ってきたので、安かったのでなんとなーくこれをお願いしました。


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:18Hz-20,000Hz
音圧感度:110dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:1.2m
質量:277g
付属品:無し


○外観
安っぽいギンギラギンにさりげなくもなくプレートを変えてXシリーズの文字。
写真だけで見るとまあアリなんじゃ・・・とも思ってしまいますがとにかく安っぽいです。
なんてったって銀色は所々変色、ヘッドバンドは作りが悪く角が面取りしてない上にバリ有り。
ケーブルのプラグ部分のカバー?は開封時に外れたためアロンアルファで接着しました。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■□
低中:■■■
低音:■■■□
超低:■■■


○音
商品説明にはテイオンガーテイオンガー(低音強調の意)と書いてありますが、さほど強くありません。
高音中音は程よくなっておりバランスは取れています。
自慢の低音はボワボワ、そして大して前に出ていない。
しかしそこそこ低いところまで意外と出てはいるなー、という印象。

音の分離感はあまり良くない。
100均レベルよりはしっかり超えているが、100均に100円以外シリーズとして売ってたらこんな感じなのかなってレベル。

音場普通。

遮音性は低めかな。
音漏れはしにくいと思います。


○聴き比べた主な曲
#1 Trash All over You / Lost Society(スラッシュメタル)
#2 In Mourning We Dwell / Omission(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Kickstart My Heart / Mötley Crüe(LAメタル、グラムメタル)
#4 Relapse / Ministry(インダストリアルメタル)
#5 Grey Sublime Archon / Eluveitie(メロデス系フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#2=#3>#1=#4=#5

#2と#3はまあ、合ってたんじゃないの?(鼻ホジ)
と言っても気持ちよく聴けたと言うわけではない。
他よりはマシというレベル。
基本的にこれを通すとオールドスクールのような音になるためどれもさほど変わりません。


○欠点
オーバーイヤーだと思うんですが、ほぼオンイヤー状態。
前側が耳に乗るような状態になり、内側のドライバーを保護するクッションが耳に当たります。
しばらく使い続けると痛くなりそうですね。

ちゃちい。


○その他所感
一応ポータブルヘッドホンとのことで種類的な立ち位置を考えるとSONYのMDR-1Rみたいな位置なのかなと思うのですが、如何せんかっこ悪いわポーチも何もないわ思ったほど小さくならないわでイマイチ。


○メタル度
低。
オススメできませんね。
特別気持ちよく聴けるメタルもないし、メタル用としての推奨ジャンルがあまりにも限定的過ぎる。
まあ100均シリーズと変わらないといえばその通りかもしれませんが、あれの30倍近い値段出すほどでもないね。

いちいち注文するものではありません。
近くにこれの取扱店が無い限り、同じ値段なら大型家電量販店の店頭で売っているオーバーイヤー型を買ったほうが良いかと。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。