We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Battle Beast / Battle Beast【レビュー】

Battle Beast


フィンランドの正統派ヘヴィメタルバンド、Battle Beastの2ndアルバム「Battle Beast」(2013年)です。
14曲収録。


私、好きなんです、ハイトーンボイス。
それもキチ○イ染みたものすごいのが。
例えばメタルゴッドことJudas Priestのロブ・ハルフォードや、それにそっくりとか言われてるPrimal Fearのラルフ・シーパースなど。

本アルバムのバンドのボーカルは1stのころから女性で、今回ボーカルが代わったそうですがこの人は上記2人に似たキチ○イ染みた声を出す人。


まずはジャケット。
男女ともにセクシーな格好の獣人の戦士と、ロボットにも見える鎧を着込んだ軍団の戦い。
女の人のお尻すげえ。
ケモナーか!

まあ、よく見ればひざとふくらはぎの太さの差もすごい。


サウンドは現代的なヘヴィメタルっぽい音です。
古臭さなどは無く、全体的にも上手くバランスよく音だ分かれておりどの楽器もよく聴こえる。
ヘヴィメタルバンドにちょっぴり、というか結構シンセサウンドを取り入れたスタイル。

ギターはまさに上記の通り。
過不足無くピュアなヘヴィメタルギター。
どちらかと言えばボーカルを際立たせるような立ち位置な気がする、珍しい。
でもソロいいやん。

ベースはかなりアタック感が強いブリッブリに鳴るベース。
そこまで主張はしていないが、ちょっと注意して聴けばすぐそこにベースが。
You can feel the Bass Guitar in the Sound!(後にこれが出てきた意味が分かります)

ドラムは、まずバスドラムイイネ!
バスドラムが軸になってるだけに全体から突き抜けてくるように聴こえる。
対してスネアはだいぶリバーヴがかかっており遠めから。
金物小さめのタム少な目。
全体的にエクストリーム系な高速ヘヴィメタルドラムは少なく、ダンサブルなリズムが多い。
ときどきタムに一昔前のドラムマシンのタムのような音が出てきて、それがまたかっこよい。
#4の2:44の辺りとかね。

ボーカルは上記のように、まず目立つのはキチ○イ染みたハイトーン。
が、実はそれに頼るわけではなく、普通に上手い。
中域もかなりパワーがある。
これは将来かなり有望。


各トラックのレートは、

#1 Let It Roar ★5
#2 Out of Control ★4
#3 Out on the Streets ★4
#4 Neuromancer ★5
#5 Raven ★4
#6 Into the Heart of Danger ★4
#7 Machine Revolution ★4
#8 Golden Age ★3
#9 Kingdom ★5
#10 Over the Top ★4
#11 Fight, Kill, Die ★5
#12 Black Ninja ★4
#13 Rain Man ★4
#14 Shutdown ★4


Top3は、


#1 Let It Roar
非常にダンサブルで、それでいて装飾が多くはないのにノリやすいリフや、王道的で分かりやすい曲調、曲展開には頭が下がる。
すごく聴きやすくて何度も聴いてしまいました。
そんな中でサビに盛り込むキチ○イハイトーンボイス!
このノリやすさも突き抜け感もぶっちぎり!


#9 Kingdom
初っ端からサビを持ってくるという、メタルには非常に珍しい展開。
あれ、もしかしてこれはサビクラスの良いフレーズををAメロに使っているのか?
最初のギターロングトーンからの最低音弦連弾がすごく良い。
全体的に壮大なイメージを持つ作りをしており、そして物語を感じるような曲展開。
まさにタイトル通りキングダム。


#11 Fight, Kill, Die
本作最速のスピードナンバー。
実はそんなに聴いたこと無いんだけどManowarのHail, Kill and Dieに通じるようなタイトルですな。
本曲ではギターソロが特に冴え渡る。


個人的には#12も讃えたいw
Black Ninjaってのがねー。
「You can see her in the night!」(あなたは夜に彼女を見ることが出来る(直訳))
「You can feel her in the dark!」(あなたは暗闇に彼女を感じることができる)
とかもうね、多分闇に潜んでいるということを言いたいのでしょう。
若干の勘違い忍者(くの一)ソングでしたw


全体的にはミドルテンポやスローテンポ気味な曲も多かったですが、曲展開の上手さ、リフの組み立ての上手さと、恐るべきボーカルであまり飽きず非常に良かった。
曲ごとの評価で言えば★5には届かないものの、★5に迫るものは多くあったりと充実していたと思います。
初めてのヘヴィメタルアルバムとしてもなかなか良いのでは。

ただ一部残念だったのは、#3のサビが非常に切り貼り感が強かったこと。
ギターのピッキングで「ピンッ!」と鳴ったような音が非常に多く入っており、それを何度か聴くうちにアレっと思ってしまいました。


評価 ★4+


動画はLet It Roar


と、Black NinjaのPV
若干面白いw




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。