We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】BABYMETAL / BABYMETAL【レビュー】

BabyMetal


日本のアイドルメタルグループの1stアルバム「BABYMETAL」(2014年)です。
13曲収録。


やっとアルバムを出したかと思いました。
最近のこの子達の(海外での)活躍がすごいですね。


ジャケットはむしろダンス系のなんかに使われてそうな雰囲気。
案外シンプルにロゴがど真ん中だけど、後ろの丸いのがミラーボール、周りに散るは銀紙?みたいな。
ダンス系。
ロゴ以外メタルって感じはしない。


全体的に音自体は良く一定方向だが、曲構成や曲が変わるごとにいろんな種類に変化していく。
もしかしたら今までなかったタイプかもしれない。
あるときはメロスピ、あるときはデス、あるときはインダストリアル、ダンス系な何かが混ざってたり、そしてめちゃくちゃポップなときもあれば、びっくりするほどディープでドメタルなときもある。

音そのものは全体的に統一感があり、
ギターは低音が効いてブンブン鳴る、若干ノイズ交じりとも思えるような荒々しい音だが、ストレートにも思えるまっすぐさがある。

ベースはとにかくすごく重い。
適度な硬さと柔らかさの塩梅。
そんで動きがすごいね!さすがだね!

ドラムはバスドラムやっぱりめちゃ重い。
スネアの破裂音のような音はバスドラムとの絡みが非常に良いコンビネーション。
金物は左右に大袈裟目に振ってるね。
それに対しバスドラム、スネア、タムはほとんど真ん中のような、かなり極端にも思える配置。

ボーカルはSu-Metal中心なのだけど、メタルとしての力強い歌唱ではない。
なんだけど、、、もしかしてこれ、、、シンフォニック系に結構合うんじゃないか?
なんか最初のド・キ・ド・キ☆モーニングのときより上手いと思う。
なんたってまだ16歳、これから成長するからね。
いくらあとからボーカル補正できると言っても、補正はピッチくらいのものでビブラート具合や細かいディテールはどうにもならない(と思う)。
私が自分の曲でボーカルを使ってないので、その辺の補正の知識が無いだけなのかもしれないけど・・・

あとはシンセがいろいろ。


各トラックのレートは、

#1 BABYMETAL DEATH ★4
#2 メギツネ ★5
#3 ギミチョコ!! ★4
#4 いいね! ★3
#5 紅月-アカツキ- ★5
#6 ド・キ・ド・キ☆モーニング ★5
#7 おねだり大作戦 ★3
#8 4の歌 ★4
#9 ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト ★4
#10 Catch Me If You Can ★5
#11 悪夢の輪舞曲 ★5
#12 ヘドバンギャー!! ★5
#13 イジメ、ダメ、ゼッタイ ★4


Top3は、

#10 Catch Me If You Can
実はシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」(通常盤)のカップリングからなんだけど、この超ド級重さ、全体的な暗さ、恐怖心を煽るようなフレーズと、それと対比するかのような題材はかくれんぼ、ポップなサビ、何よりこの声っていうのがすごく上手く組み合わさってるよね。
めちゃくちゃ激しくて重いんだけどそれが気持ちよい具合に抑えられてる。
怖いエピソードを歌詞に面白可笑しく取り入れてるのもいいね!


#11 悪夢の輪舞曲
これって結構普通にシンフォニックメタルな雰囲気じゃね?
しかもかなり重い方向にシフトチェンジした感じの。
BABYMETALとしてはかなり本気路線で、ポップさのかけらも無いまさしく「ド」メタルど真ん中な曲と思います。
かなり回転の速く奇怪なリフとベース、それに合わせる威力抜群のドラム、本気で歌ってるんだろうなーと想像できるボーカルにピアノやシンセが絡んだコンビネーションが良いね。


#5 紅月-アカツキ-
イントロからの非常にクサい雰囲気、リフがすごくいいよね!
すっごくクサメタルだよね!


個人的には、#12 ヘドバンギャー!!のヘドバン!×6→バンバンババンも推したいw


悪くないやん、むしろ結構いいんじゃね?
まあダンス系なものを組み合わせたり、かなりポップな方向へ行ったりと相変わらず批判も多そうな状態ではあるけど、強烈な楽器隊の音は変わらずある意味では変態的な出来。
若干マキシマムザホルモンにも繋がるような、重さ、激しさ、変態的な展開、それらに組み合わせる最大のポップさが結構クセになるタイプだと思う。

あと、ジャケットのなんかダンス系ジャンルみたいなっていうのは正しいかもしれん。
踊るように首を振る感じ。

それにしてもすごいね、海外のフェス参加やレディ・ガガのサポートアクトをやったり、そんでまた10月にはアメリカに戻ってくるよって言ってるし。
海外フェスのライブ動画見たけどSu-Metalは手持ちマイク、Yui-MetalとMoa-Metalはヘッドセットみたいなの付けて口パクではなくて普通に歌ってたようだった、普通に上手いと思った。
そんで面白かったのはバッキングメンバーも人気がすごかった。
そりゃそうだな、日本の超一線級のメタル奏者ばっかりだもん、バカテクのオンパレードだった。

前のレビューで海外向けの説明文の本気度がすごいって書いたけど、ホントに海外向けに作ってたのかもしれん。
ここまで受けているのも最初に書いた今までに無かったタイプというのも大きいかも。
今後の活躍にも期待。

でもSHOYAの寺田さんみたいに、だいぶ年期が入ってきたけどまだ結婚したこと無いの、ってなるのは避けて欲しいかなw


評価 ★4+


動画はヘドバンギャー!!



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。