We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒金~年末にかけて手に入れたプラグイン(主にIKとPlugin Alliance)

合計14個増えました。
結構増えましたね。

と言うことで紹介。


○IK Multimedia
・EQ PB
EQ PB
4バンドプリアンプ付きEQ。
まだほとんど使ってない。

・White Channel
White Channel
SSLな感じのチャンネルストリップであるBritish Channelのカウンターとして作ったモダン系チャンネルストリップだそうだ。
かるーくしか使ってない。

・Precision Comp/Limiter
Precision CompLimiter
名機コンプNEVE 33609のモデリング。
効果がまだよくわからず、というかコンプの違いがまだそんなに感じ取れないので今度違いを比べるための実験する;

・Bus Comp
Bus Comp
バストラックにかける用のコンプ、これもモデリングのはず。
確かにバストラックにかけるとまとまる感じがする。

・Master EQ 432
Master EQ 432
よく知らないけどマスタリングEQの名機として有名(らしい)Sontec MES 432 Parametric Disk Mastering EQのモデリング。
実機にはマスタリングEQとしての条件の全てが詰まっていたとの話も。
マジ音の変化が少ない状態でカット&ブーストができる。


○Plugin Alliance
・bx_digital V2
digital mono
PA製品で一番最初に買ったんだけど、マジチート性能かと思った。
しぜーんに音を削ったり足せる、いじるときにいじった分だけを再生する機能があるので変化がわかりやすい。
MS処理つええええええ。
マスタリング仕様以外にミックス仕様のプラグインも付属する、超オススメ。
digital

・bx_XL V2
XL
同じくびっくり性能。
ただまだ全然使いこなせてない。

・bx_saturator V2
saturator
マルチバンドMS処理機能付きサチュレーター。
まだそんなに使ってないけど、ギターの処理をするときはこれをブースト用EQの代わりに使おうかなと思ってる。

・bx_shredspread
shredspread
ステレオワイドな空間を作るプラグインと紹介されていた。
が、私はそんなのは無視、デモを使ったときにShredという機能がコッソリすごく良い味を出していたので購入。
Shredを上げている最中はイマイチよくわからないんだけど、それをオフにしたとき目玉が飛び出るかと思うくらい、三半規管が飛び出して音を聴こうとするかの如く驚いた。
(メタルギターに使うと)原音に戻すと物足りなくさせるプラグインの1つ。

・Dynamic Spectrum Mapper V2
DSM
なんと言ったらいいのか。
基本的にはコンプレッサー。
強引に表現すると、無段階バンドオートコンプレッサー。
キャプチャーしたときの波形に合わせて各帯域のスレッショルドを変化させてくれるそう、もちろん自分でいじることもできる。
まだ購入したばっかりで使ってないのだけど、マサシさんと中川統雄さんが言うには反則的性能。
今作ってる曲をミックスする際に使うつもりなので楽しみにしている。


○Nomad Factory
・BlueTubes Analog TrackBox
BlueTubes Analog TrackBox
チャンネルストリップ。
BlueTubesというシリーズで、これ単品だけが物凄い安売り(確か9割引)されていたのでつい買った。
そのうち使う。


○Positive Grid
・Bias Desktop (Professional)
Bias Desktop
最新のアンプシミュレーター。
普通通りアンプシミュレーターとして使えるんだけど、プロ版はマッチングという機能がある、私は使わないけど。
マッチングとは、元にした音(実機アンプ)に合わせた音が出るように自動で補正してくれる機能。
そして通常版でもプロ版でも、個人がネット上に公開している設定をプラグイン内で自由にダウンロードして使うことができる、いわば共有ができる。
あとプロ版だと使える設定も増える。
低音域が非常に充実した音で、Amplitubeよりも実機!って感じの音が出るイメージ。
すごくかっこよい音が出る。


○AAS
・Ultra Analog VA2
Ultra Analog VA2
実はお気に入りシンセプラグインだったUltra Analog session VSTのフルバージョン。
見た目がだいぶ違うけど自由度が上がり、、そして相変わらず抜けの良い音。


こんなところかな!

何やらVertigo VSC-2も反則的汎用性の高さと二段掛けがすごいらしい。
もしこの間のセールで対象になっていたらこれも買っていただろうな。
欲しくなるけどまずはコンプというものを理解しなければ買ってはいけない物なのでは、と思う。

とりあえずPAすごいや!もっと欲しくなって困る。


曲作りがんばろ!
今はスクエニ楽曲アレンジイベント、Celestia 13用の曲だな!
今上記のように1曲製作中だけど、最終的には3曲くらい出したい!
けど今の曲があまりにも大変なのでそんなに出せないかも;;
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。