We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【コンプ聴き比べ】Compressor聴き比べ実験(メタル用)【いろいろ】

最近、リンクに追加された2つのブログの主、マサシさんと中川さんの影響がすごくてついつい私もプラグインの実験をやってしまいました。

ということで早速実験内容をドン!


○実験の経緯
「スネア等素材のトラックを複製し片方に強くエフェクトを掛け、もう片方は素のままにして2つを混ぜ合わせる」という手法がありますが、最近までめんどくさがってそれを行ってきませんでした。
前回の曲にてその手法を使い、音の変わりように驚いたためこのような実験を行いました。


○実験内容
今回はメタル用ということで、特にメタルを印象付けるバスドラムとスネアに行います。
バスドラムとスネア共に同じ波形のトラックを2ずつ用意し、片方にコンプレッサーを強く掛けて素のトラックと混ぜ合わせます。
所持するコンプレッサー全て使用します。
テストに使用する音源はSteven Slate Drums 4 Platinumを使用して組んだオリジナルのキットです。
ドラミングパターンはSSD4付属のMIDIを使用します。


○実験条件
・コンプレッサーは基本的にレシオ最大、ただしレシオが2桁を超えるプラグインは8を超えた範囲で適度に調整する
・アタックは早め、リリースは比較的早めを意識して適度に調整する
・コンプを掛ける時は音量のフェーダーが±0dBの状態で調整し、ピークメーターが最大でおおよそ0dBになるようコンプのアウトプット等で調整する
・2つのトラックを混ぜ合わせるときは、素のトラックのみの音量を±0dBにしたときのRMSとほぼ同じに調整する
 (バスドラム16.4、スネアドラム21.5に調整)
・2つのトラックの音量比はおおよそ1:1にする
・バスドラムとスネア以外のトラックは触らない
・マスタートラックにクリップを抑えるためにFlux Pure Limiterを挿している


○添付資料



○結果
思ったことから並べていくと・・・

IKのBlack76でスネア変わりすぎワロタwww
IKのOPTO Compのアタック感強いな。
P&MのRetro Compはホントにレトロ感満載。
バストラックに有効って言われているコンプは動作が重めだし、音が綺麗過ぎてこういう用途に向いてないな。
バスドラムには自分好みになりそうなものがないので引き続きPlug and MixのTone Stackを使おうかな。

まあそんな感じです。
しばらくはBlack76とTone Stackが中心になりそうです。


○オマケ
Tone Stackでやった。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。