We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Positive Grid】Bias Desktopを使ってみた【アンプシミュレーター】

今回はPositive Gridのアンプシミュレーター「Bias Desktop」を使ってみました。
これ、気になってる人多いんじゃないでしょうか?

今回は画像モリモリです。
いつものごとく、サムネをクリックすると大きな画像になります。

その前に音をどうぞ。
音を聴きながら解説を読んでみてください。
音は、
Bias Desktop(Standard)→Bias Desktop(Insane)→Amplitube CS(Engl Powerball使用)→Toneforge Menace
の順です。
使用ギター音源はVS Heavy 7Z、7Z内のBoost(スクリーマー)をオンしています。




○パネル
今主力で使う設定のパネル
BDパネル1

現在設定を練っているもの
BDパネル2


この画像を見て気付く方は気付いてるかもしれませんが、
パネルの名前(通常はメーカーロゴなど)の部分の文字が違う、パネルやノブなどの見た目が違います。
これ、カスタマイズ出来るんです。

カスタマイズの選択肢
BDパネルカスタマイズ

まずここでテンション上がる!

使い方はそこらへんにあるアンプシミュと同じ。


○プリアンプ
プリアンプ

まずイカツイ見た目に真空管が刺さってるのがカッコいい!
この見た目でテンション上がる!

そして真空管の選択!
プリアンプインプットチューブ選択

これは真空管のグラフィックそのものをクリックしても交換されます。

Bias Desktop Professionalはプリアンプの種類も選択できます。
プリアンプ選択

これはInsane仕様のプリアンプ。
プリアンプInsane
逆さまに大量に刺さった真空管カッコいい!

使い方は、
まずプリアンプの種類を選びましょう。
迷ったらとりあえずStandard、クリーンな音ならGlassy、イカしたクランチリフ用だったらCrunch、頭おかしいだろって歪みが欲しいときはInsane(狂った、精神異常などの意味、Crazyと似たようなもの)を選ぶと良いのではないでしょうか。

そして全体的にサクサクっと調節するのですが、「Stage」「BIAS ADJUST」という項目があります。
これはどちらも真空管の温まり具合?という認識でいます。
Stageが(多分)真空管の使用本数、BIAS ADJUSTが真空管の温まり具合、どちらも右に回すほど歪み量が多くなります。
一番最初にGainと一緒に調節すると良いかと思います。
歪が足りない、もしくは歪み過ぎの場合、まずStageを換えたり真空管を変更しましょう。


○Tone Stack部
トーンスタック

他のアンプシミュには無い部分です。
しかしここが一番音のバランス(Low、Mid、High)が大きく変わる印象です。
一番大事。

まずはTone Stack Topologyから種類を選びましょう、テキトーに気に入ったもので良いです。
そんであとは音のバランスを調節するだけ!


○パワーアンプ部
パワーアンプ

これもプリアンプと同じく種類があります。
そしてこれがInsane。
パワーアンプInsane

Topology→真空管→DistortionとBIASの順に変更していくと良いと思います。
あとはお好み。


○Transformer
トランスフォーマー

コンプレッサー的な部分なんじゃねーの?(テキトー)
コンプタイプ(Solid StateかTube)→一番右のタイプ(画像だとFAT STYLEのとこ)→真空管の順がいいかな、たぶん。

と言いつつ、トランスですしこれって電気的な何かなんじゃないですかね。
昇圧器?この辺詳しくは無いんですがね。


○キャビネット&マイク
キャビネット.

キャビネット、マイク、音量、ポジションを決めましょう。
キャビネットは、キャビネット無しを含む30種類あります。
それに対しマイクはSM57とC414の2種類しかありません、テキトーか!
出来ればAmplitubeみたいに2本のマイクをブレンド出来たらよかったな、そしたら2本でも十分!


○EQ
BD P-EQ

BD G-EQ

2つ挿すことが出来ます。
位置は結構自由に入れ替えることが出来ます。
パラメトリックEQとグラフィックEQから選べます。
とりあえず1個、Transformerの後ろに挿しとけばいいんじゃねーの。


○Amp Match
アンプマッチ

使わんので良くわからん!
一応英語で説明が書いてある。
ソースを選んで対象を選んで組み合わせ、お好み焼きか!

もっとちゃんと説明すると、
ソースでBias Desktop自身の音をキャプチャーする(サンプリングボタンを押して演奏、もしくは再生する)
ターゲットで近づけたいアンプの音をキャプチャーする(サンプリングボタンを押して演奏、もしくは再生する)
そしてマァーッチ!
それだけ。


○Tone Cloud
トンクラ1

トンクラ2

Bias Desktopでは他のBDユーザーがアップロードした設定をダウンロードして使用する、ということがプラグイン内だけで行えます。
画期的だけど私は使わない。
だってギターが違うし、ギターの下処理も違うし、何より私は打ち込み!
結局のところ、それにあった設定を自分で作ったほうがいい感じに音が出る。
参考程度にプレビューしにいくことはある。


基本的に左から右に設定していきますが、全ての設定をしてしまったらとりあえずTone Stackに戻って調節します。
これ結構重要だと思う。

ここまで見たら分かる通り、いじる部分が非常に多いです。
はっきり言って時間がかかりまくります。
音作りがめちゃくちゃ難しいです。
そしてToneforge MenaceやAmplitubeみたいにサクッとは行けないので、初心者にはちょっと勧め辛い。
しかし音はホントにいい感じ!
低域豊かで厚みがいい感じ。
ホントにアンプから鳴ってる!ってイメージの音(メタル系ドラマーの友人談)


よし、これ極めたいね!



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。