We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Tone Boosters】TBのプラグインをオススメする記事【レビュー】

以前にもちょっとオススメしましたが、今回もうちょっと本格的にオススメをしてみたいと思いますw
以前の記事

今回は以前に書いたTrackEssentialsだけでなく、BusToolsで購入したもの、購入しなくても良い感じに使えるもの、買ってないしデモだと不便だけど今後買いたいものを紹介します。




◎購入したものの中から
主にTrackEssentialsからです、それに1つだけBusToolsから買いました。

〇TB Compressor
TB Comp動作時



とりあえずスネアに挿したものです。



TB Compressorの特徴は、
・4種類のモードを選べる
・サイドチェインハイパスフィルーター搭載
・これ一本でパラレルコンプが可能
・わかりやすいGUI、見やすいゲインリダクションメーター&波形?付き


モードはこれ
TB Comp種類

Vintage Punch、Modern Punch、Smooth rider、Pump and breathがあり、特にVintageはわかりやすいほどに色付けされる。
Modernは透明系かな。
他二つはよくわかんないやw

サイドチェインハイパスフィルター(Sidechain HPF)は、低域には反応しないようにするためのもの。
ここで、どこまでの周波数には反応しないようにするかを設定できます。

右下の% wet outでDry/Wet、原音と混ぜる割合を変えます。
非常に使いやすいので、特にパラレルコンプを行う場合はすぐこれを使ってしまう。

表示はシンプルでわかりやすいよね!


〇TB Equalizer
TB EQ動作時


こっちはキックに挿しました。



TB Equalizerの特徴は
・6バンドEQ
・選べるアナライザー装備
・アナライザー波形解像度変更可能
・選べるフィルタータイプ
・バンド毎にL/R、M/S処理設定可能
・簡単操作
・謎のオートMake up


アナライザー装備なのですが、表示方法が表示しないを含む4種類。
OFF、L+R Sum(通常のアナライザー)、L/R Pan(左右バランス)、S/M width(見方がわからん)。
この画像はアナライザーの解像度(Resolusion)も変更してあります。
TB EQアナライザモード種類+解像度変更


フィルターは15種類から選べます。
もちろん全バンドとも15種類です。
詳細は画像を見て欲しいのですが、Digital BellやAnalog Bellが数種類ある。
はっきり言ってTrackEssentialsはこれだけのために買っても良いくらい。
TB EQフィルター種類


6バンド全てにM/S、L/R、ALLどの位置の処理を行うか設定が可能です。
デフォルトではALLになっており、普通のEQと同じ。
TB EQ場所


そして操作がしやすい、操作方法としては
・〇を左クリックでバンド有効化、右クリックで無効化
・〇にポインターを置いてホイールでQの変更
・下のリストからも全パラメーター変更可能
・下のリストにもホイール有効

とりあえず最近のプラグインで操作のし易いような内容は揃っていると言ったイメージ。


謎のオートMake upが付いているので、これをOnにするとこちらで行ったイコライジングに対し他の帯域を自動で合わせて?くれます。
しかし何を基準にしているのかわからないのであまり使ってません。


〇TB Reverb
TB Reverb


FXトラックに挿し、ドラムのバストラックにSendを設定しました。



TB Reverbの特徴は、
・意外と細かく設定できる
・動作軽い

見た目どおりですが、結構設定がいろいろ。
ゆっくりと追い込んでいくことも出来ます。
比較的珍しい機能がいくつかあり、プリディレイ、Width、ER Levelなどが付いてます、ER Levelってなんですか。

結構動作が軽い。
私のPCでStudio Oneに挿すと大体3~4%のCPU使用、トラックにも結構挿せます。


〇TB ReelBus
TB ReelBus


これがBusToolsからです。
ドラムのバストラックに挿しています。



TB ReelBusの特徴は
・2つのオープンリールデッキをシミュレート
・サチュレーションや各種ノイズと、その混ぜ具合の設定が可能
・オートゲイン機能あり
・とりあえずプリセットから選べばOKなレベル


このプラグインはStuder Revox A77mk4とTeac A4300SXをシミュレート。
オープンリールテープの暖かみを加えたりシャキッとした感じに仕上げたりなどが出来ます。
今回はシャッキリめにしました。

いろんなパラメーターからわかるようにシミュレートと言いつつ結構設定を弄れるのです。
もしかして自分だけのオープンリールな設定の予感。
でもヒスノイズ(Hiss)には気をつけましょう、ノイズ出っ放しになるのでそのまま書き出すとあとが大変です(経験済み)。

オートゲイン、便利だよね。

とりあえず、
「プリセットを選べば、そこで設定完了ですよ。」
な感じで、あまり設定を弄る必要は無かったりもします。
TB ReelBus プリセット

TB ReelBus モデリング機器




◎購入しなくても十分使えるもの
ここのデモ版は設定がプラグインにもDAWのプロジェクトにも保存されないという制限があるのですが、逆に考えると設定を保存する必要のないものは普通に使えるのです。

〇TB EBULoudness
TB EBU

ラウドネス管理ツールとして優秀です。
かなりいろんな設定がありますが、とりあえず初期設定でOKなのです。
ラウドネス、LUFSを計りたいときは左下のSyncを押しておきましょう、DAWの再生と同期するようになります。
また、トゥルーピークも計測してくれます。
トゥルーピークが+0以上にならないようにしておけば圧縮変換しても0dBを超えてデジタル的にクリップすることはなくなるかと思います。


〇TB Isone
TB Isone

ヘッドホンでミックスをする人のための正義の味方です。
いろんな音場や音の特性をヘッドホン再生でも再現してくれるプラグインです。
これは何か設定をするのではなく、プリセットをどんどん替えていき音を確認するので設定保存する必要がありません。
このタイプのプラグインではこれが一番使いやすかったです。
確認が終わったらTB Isoneはバイパスするか消しましょう。




◎今後買おうと思っているもの
やっぱりBusToolsの中からいくつか欲しい。
その中でも特に欲しいなあと思うものです。

〇TB Sibalance
TB Sibalance

とりあえずちょっとカッコいい。
Tone Boosters3つめのディエッサーにして今現在(2015/4/24)の最新プラグインです。
透明系ディエッサーだそうです。
ディエッサー以外の使い方を期待しています。


〇TB FlX
TB FIX

Tone Boosters渾身のダイナミックEQです。
6バンドあり、TB Equalizerと似ている部分もあります。
Compをオンにしなければ普通のEQとしても使えます。
かなーり細かく設定が出来る。


〇TB Bus Compressor
TB Bus Compressor

これも透明系と謳っています。
初期のころとはだいぶデザインが変わり、そしてパラメーターがすごく増えました。
基本的には大きなノブだけ見れば普通のコンプとだいたい同じになります。
パラメーターがすごく増えたことで少しとっつきにくくなったイメージですが、でもここまで設定を弄れるバスコンプってそんなにないのでは。
これもTBが一押しする渾身のプラグインのようです。


まあこんなところですかね。
ちょっと長くなりました。
では、TBのプラグインのみを使って過去曲をミックスし直してみました。
といっても最初からある程度の音作りをしてあったのでさほど多くは使っていませんが。



今後またTone Boostersをオススメする記事を書くかもしれません。
Tone Boosters大好きですからw

今後徐々にほぼ全てのプラグインを買い揃えそうな予感です。
なんてったって全て19.95ユーロですから、非常にコストパフォーマンスが高いと思います。
TrackEssentialsはとりあえず買っておけばいいんじゃないかな、8個プラグインが入って19.95ユーロだし。


最後に一つだけ。
時々間違えている人がいますが「Tone Booster」ではなく「Tone Boosters」です。
最後に「s」が必要です。
(いや正確にはToneboostersなのかもしれない、ロゴ的に)


Tone Boostersのページ
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。