We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【10/7追記】【DTM】最短で打ち込みメタルを作る!【使用プラグイン解説編】

打ち込みでメタルを作ってるのに「打ち込み」「メタル」で検索しても私のブログが出てこない!
それどころが打ち込みメタルに関しての記事は少なく、「打ち込み」「メタルスタッズ」がいっぱい出てくる始末。

これはいかん!打ち込みメタル人口が増えないぞ!
ってことで今回の記事を書きますw


まず最初に環境を揃えるのですが以前私が書いた、
【4/11追記修正】楽器は一切出来ないけどDTMを始めたい人のための、低予算で組むDTM環境を考えてみた
【Tone Boostersを】TBのプラグインをオススメする記事【布教する】

を参考にしているものとして書いていきます。
特に【Tone Boostersを】TBのプラグインをオススメする記事【布教する】のほうは、「◎購入しなくても十分使えるもの」を導入しているものとします。

それプラス、ギターとドラムのプラグインやライブラリーを追加購入します。
え?買いたくない?
じゃあこんな音になるが良いか?



はい、私がまだ着メロ製作からDTMに移行してすぐ、一切お金をかけていないときに作ったものです。
古めかしくてしょぼいwww
DSK Electrik GuitarZや、フリーのサンプラーに拾ってきたドラムのワンショットを入れていったりして作ってました。
着メロ製作時に培ったテクニック満載で着メロと変わりませんw
恥ずかしい過去曲ですわぁ・・・


今回のデモ曲はこちら。


楽器構成はリズムギター×2本、リードギター×1本、ベース、ドラムだけです。


うん、音が全然違いますね。
これくらいの音で打ち込みメタルをしたかったら文句を言わずプラグイン、ライブラリーを追加購入しましょう。
出来るだけ安く済む構成を選んでます。


◎使用プラグイン
上記の2つの記事から使ったもの
・Cubase(AI)
・MFree Effects Bundle / Melda Production

次に追加が必要なもの
・Shreddage 2X / Impact Soundworks
・Steven Slate Drums 4 / Steven Slate Drums
・ReValver HPSE / Peavey


では一つずつ解説しましょう。

・Cubase(AI)
私はCubase Pro 8を使ってますので当然バンドルされているプラグインに大幅な違いがあります。
しかし今回はCubase AI 6の機能比較表を見ながらCubase 6 AIに入っているものを使いました。
Hallion Sonic SEは、Cubase 8シリーズではHallion Sonic SE2になっているのでそれを使用しています。

2015/05/11追記
どうやら最近Cubase AI 8がもらえるようになったそうです。


・MFree Effects Bundle / Melda Production
ほとんどのエフェクトはこれを使っています。
ここにリバーブ、ディレイ、強力なアンプシミュがあればかなり完璧!


・Shreddage 2X / Impact Soundworks
ギター音源です。
今現在(2015/05/04)、数種類あるリアルなギター音源で、セール無しで一番安くて、他のソフトを購入する必要の無いもの(←これ重要)は確実にこれです。

2016/04/28追記
Impact SoundworksからShreddage 2 SRPがリリースされました。

例えば私のお気に入りVS Heavy 7Z、Native InstrumentsのKontaktの購入が必要です。
フリーで配布されている7弦ギターKMG7、同じくKontaktの購入が必要です。
V-MetalやElectri6ity、フリーであるKontakt Playerで動くけど単価が高い。

そう、Shreddage 2Xはこれらの中で一番安価で、そしてKontakt Playerで動きます。

そしてこれを薦める決定打のもう一つ、それはReValver HPSEというPeavey製アンプシミュの簡易版が付属するからです。
この付属アンプシミュには最初からShreddage用メタル設定がプリセットに入っています。

Impact Soundworksにて$139。

Kontakt Playerをインストールしてね!

$30追加してBassライブラリーもバンドルされたものを買うのもいいけど、要製品版Kontakt!


・Steven Slate Drums 4 / Steven Slate Drums
フルセットで買うとちょっと値は張りますが・・・
リアル系ドラム音源で、同じく他にソフトが不要で最安値なのはこれのCustomです。
リアル系ドラムで$39ってちょっと信じられない価格。
もちろんメタルキット入ってます。

でも出来ればセールを狙ってフルセットを購入することをオススメしたいですね。
本家ではセールをしょっちゅうやってますし、今もやってます。

Steven Slate Drumsでも購入できますし、フルセットなら代理店であるM.I.D.でも購入できます。
M.I.D.からパッケージ版も出てますのでAmazonなどからも購入可能。


・ReValver HPSE / Peavey
上記の通りShreddage 2Xを購入すると付いてきます。
普通にインストールしちゃいましょう。


今回使用したものはこれだけです。
逆に言えば、これだけあれば上に載せたデモ曲のようなものくらい作れるということになります。
特に、ギターのアンプシミュなんてプリセットを選んだだけですから。

2015/10/7追記
Impact SoundworksがShreddage 2 IBZを出しました、メタルによく使われるアイバニーズの7弦ギターのサンプリングです。
こちらはまだ使用していないのですが解説動画を見た感じShreddage 2Xとほぼ同じ使用感のようです。
10/10までは$119、Shreddage 2X所持者には$99で販売しているようですので、こちらが最安値になります。
10/10以降はShreddage 2Xと同じ値段になります。
が、このShreddage 2 IBZでは音源内にアンプシミュ搭載してありますのでアンプシミュを使う必要が無くなります。
また、Shreddage 2 IBZのほうがサンプル数が1.5倍ほど多く、こっちのほうがお得感があるように思います。


では、プラグイン設定編へ!



関連記事
スポンサーサイト
Demoソング!すげー!すげー
[ 2016/07/26 01:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ありがとうございます!٩( 'ω' )و✧
[ 2016/07/31 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。