We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【EQ聴き比べ】Equalizer聴き比べ実験【いろいろ】

先日、中川統雄さんを中心に、マサシさん、くうPさんと合同企画としてマスタリングEQの聴き比べ、所謂EQ研究会を行いました。
Equilibrium、Pro Q2、bx_digital V2、Master EQ 432、Liquid Mixなど数々の高級プラグインEQ、実機Avalon DesignのAD2077(なんと価格150万超!)や実機版Focusrite RED2と、それはそれはすごいものになりました。
総数40種類近いEQが集まりました。

中川さんのブログ
中川統雄のみみにっき

マサシさんのブログ
マサシのブログ(笑)

くうPさんはブログをされていないようです。


その際に、中川さんが言われていた「EQによるトランジェントの変化」に特に注目(傾聴?)したところ、私個人としては驚愕の結果となりました。
まさかこんなに違うとは・・・

私個人と言いつつ、皆さん大体同じような感想だったようです。

その中で特に「Focusrite RED2(プラグイン版)」が驚きの能力を発揮し、意外なダークホースとして人気でした。
ダークホース過ぎて最初は誰も期待してなかったし、私とくうPさんしかこれを持ってなかったし・・・w

この記事は本当はこのプラグイン版RED2のレビューにしたかったのですが、その内容がわかりにくいと言うことで同じような聴き比べになりましたw


今回はそのときのテストに使用したものではなく(笑)、より私の血肉とすべくメタル寄りな実験を行いました。
テスト方法は簡単。

ドラムトラックに挿して、全てのEQを決まった数値に設定して聴き比べる。
プラグインによっては厳密に設定できないものもあるので、それらは近似値を取っています。
出来ればRMSも揃えて聴きたいなと個人的には思っていたので、今回は全て揃えた状態です。


ではまずテスト音源製作や聴き比べの条件を。

〇ドラムトラック製作
 ・Cubase Pro 8にてEZ Drummer2の私のオリジナルプリセットを使用
 ・音源付属MIDIではなく自分で打ち込んだものを使用
 ・その後ドラムトラックを48KHz 24bitで出力

〇プラグイン挿入
 ・Studio One Profesional 2にドラムトラックを読み込み、プラグイン挿入
 ・挿入プラグインは、実験するEQ→Flux Pure Limiter→メーター3種類
 ・44.1KHz 16bitで出力

〇EQ、プラグイン設定
 ・EQ設定は、
  band1 : Freq=59Hz, Q=1, Gain=+5dB, Shape=Bell
  band2 : Freq=10KHz, Gain=+4.1dB, Shape=Shelf
  (RED2で最初に設定を決め、他をそれに合わせています)
  (ShelfのQはわかりにくいため、Qを設定できるものはとりあえずデフォルトにしています)
 ・リミッターは、
  Input=TB LoudnessでIntegrated Loudnessが-20になる数値
  Output=-0.3dB
  それ以外は全てデフォルト

〇使用EQ
 ・Channel Strip3 / Metric Halo(EQ部のみ使用)
 ・bx_digital V2 / Brainworx
 ・Master EQ 432 / IK Multimedia
 ・Pro EQ / Presonus(Studio One付属)
 ・RED2 / Focusrite
 ・Retro Equalizer / Plug and Mix
 ・TB Equalizer(Analog Bell使用) / Tone Boosters
 ・TB Equalizer(Digital Bell使用) / Tone Boosters
 ・Versatile / Acustica Audio

これらを書き出したものを再度DAWに取り込み並べて聴き比べました。
聴き比べ方法は、

1、全て並べて再生
2、そしてすぐにブログを書いたりツイッターへGO!w
3、しばらく再生した後に「これは!」と思う音があったらDAWへ戻る
4、DAWに戻ったときに再生されていた音源に使用されているプラグインをカウント
5、これを何度も繰り返す(私は20回くらいやりました)
6、どれが特に多く選ばれたか確認

要はブラインドテストです。


では音源をどうぞ。
わかりやすいよう出来れば劣化の少ない音で聴き比べて欲しいのでBoxから全てのデータをダウンロードすることをオススメします。
右上のOptionsのDownloadで一括ダウンロードが出来ます。








全てほぼ同じ設定なのに結構変わる。
特にプラグインの場合はローのトランジェントに差がすごく出ます。
EQ研究会のときはPro Q2のあまりの変化ぶりに笑ったのですが、私はPro Q2を持ってませんので・・・w
プラグインの場合高域はちょっとシャリッとして散り易かった、ただし以前聴いたAD2077と比べてだけど。


やはりというか、、、RED2は強い。
そしてやっぱりMaster EQ 432だなあ。
Versatile、やるなさすがIRを使ってるだけあるなあ。
・・・Retro Equalizerやるじゃん。


例えば一番違いがわかりやすいもので言うと、
Channel Strip 3とRED2を並べてみてください。
Channel Strip 3はイメージとしてキックで若干のうねりが出てるイメージの音になってます。
対してRED2は本当にストレートにドスンとキックを伝えてきてるイメージ。

どちらが優秀とかはでは無く単純に使いどころだとは思いますが、私個人的にはRED2の強烈なアタック感の出る音が好きです。


そんなわけでこの記事の最初の、本当に最初の目的に移りましょう。

RED2、すっっっごい良いですよ!


この前ギターにも試しましたが、これにも良かった印象。
頭が丸くならないイメージで、メタルに使うには良い状態になると思いました。

なので最近ではRED2をかなり多用しています。


このRED2、普通にFocusriteからプラグインだけを買おうとすると229.99ポンドします。
およそ4.4万円です、、、今自分で調べてビビリましたwww

ですが恐らくここに来る大抵の人はご存知の通り、FocusriteのオーディオIFを買うと無料でもらえます、オマケ扱いです。
(恐らくiTrack Soloには付かないのでご注意を)
意外に知られていないことですが、このオマケプラグインめちゃくちゃ高いんです。

手に入れたい方は絶対Scarlett SoloなどFocusrite製オーディオIFを買って手に入れましょう。

ではでは。



オマケ
使用したプラグインの画像貼り貼り

RED2
Red2


bx_digital V2
bx_digital V2


Channel Strip 3(最近の新入り)
Channel Strip3


Master EQ 432
EQ432


Versatile(最近の新入り)
Versarile


Pro EQ
Pro EQ


Retro Equalizer
Retro Equalizer


TB Equalizer
TB Equalizer



関連記事
スポンサーサイト
なにこれすげえ企画!(笑)丁寧だしわかりやすいし!みんなすげえね!
[ 2015/06/08 22:36 ] [ 編集 ]
きましたねw
オリジナル音源でのEq比較、とても参考になりました。
比較する数もこれぐらいが適当ですね〜
Eq研究会のは比較したEqが多すぎて、凄く良いのとエ〜ッなものを除くとなんだか良く解らなくってしまいましたしw

今回上げられたものではRED2が好みです、低域のパンチーさが特徴的で。
実機の方はもっとその傾向が強くて、はまればもっと良いけど、ハマらない方が多いです(笑)
ダウンロードしたので時間がある時AD2077でやって検証してみます。
[ 2015/06/09 00:40 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
カマクラさん
コメントありがとうございます!

ドヤァ
ブログで紹介だったり解説だったりを書いてるとだんだんと説明の要点を掴んでくる気がします。
ただ私はほとんどがマサシさんの影響ですw

ホントに音に関するレビューは難しいですね。
なので私は極力音を弄るプラグインのレビューは少なめにしていたのですが、書いてみて言葉にすると自分の中での認識が更にはっきりとするようになるのでこれも良いのかなと思います。
[ 2015/06/09 03:29 ] [ 編集 ]
Re: きましたねw
中川さん
コメントありがとうございます!
確かにEQ研究会では数がすごすぎて一通り聴くだけでも大変でしたねw
しかしあれはあれで資料として残したいですねー。
私もあの時イマイチだと感じたものを外しながら聴いてたんですが、あれだけあると良くわからなくなってきましたw

なるほど、やはり実機いいですねー、しかし扱いがホントに難しそうw

実験、ぜひどうぞ!
またしてもAD2077のすごさが証明されることになる・・・
[ 2015/06/09 03:36 ] [ 編集 ]
楽しく聴かせていただきました。
私もRED2大好きです。
あのREDをよく再現してると思います。
ただ、Focusrite REDはShelfのカーブが一般的な違うので、多分この設定だと確実に他のEQより倍音が上がって、キックのアタック成分が出てきます。
レベルも上がって聴こえるはずです。
ですのでお持ちの他のEQがけっして悪いわけではないと思います。

この中ではbx digitalは色付け全くないですが、やはり相当凄いと思います。MS使っても位相の崩れが出にくい。

IKの432はとっても評判良いですがMastering以外で使うのはなかなか難しいEQですね。地味ですから。音は最高ですね。
この設定をみるとShelvingはShelvingなんですが、4dbあげちゃうとRed以上に倍音が上がるはずなんですが…サンプル聴いてみるとREDのほうが何故かあがってますね。
私もちょっと試してみてみます。
[ 2015/06/09 18:18 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kdcさん
コメントありがとうございます!

そうだったんですか、Shelfカーブには気がつきませんでした。
以前の合同で行ったテストで同じ設定なのに高域が強いことに中川さんが気付いて、高域のブーストを半減させたものも試しました。
それでもやはりすごく良いと感じましたね。
今のところ一番好きなEQになってます。

bx_digital V2とEQ432は最近の鉄板と化してますよね、ホントにすごい性能だと思います。
しかしどう使い分けようか、そこがちょっとした悩みですw
とりあえずMS処理をしたいときはbx_digital V2、そしてEQ432は一番後ろに1つだけという使い方にしています。

こういう実験ってなかなか楽しいのでまたそのうち別のものでもやってみようと思います。
[ 2015/06/10 02:18 ] [ 編集 ]
仕事が一つ一段落したので、色々弄ってみました。
RED2はやはり良いですね。
これは普通に単体発売すべきですよね。

元々REDシリーズは独特の艶があります。それがうまく出てるんだよな。
3のシミュではとにかく特筆すべきslateのvbc redがありますが、EQはこれだけなので貴重ですね。

色々弄る中で実はバグを発見してしまいました。
Protoolsだけかもしれないですが、plug-in表示を出しっ放しにしておくと、bypassしてから戻すとかからなくなります。
結構特殊な使い方なのでバージョンアップで簡単に直るとは思いますが。急にかかりがなくなったのでビックリしちゃいました。

432は難しいですね。処理が重いしあまりブーストにはむいてないので、基本カットに使うと良いと思いますよ。

EQはいくらいじっても正解はないですね。
また楽しみにしています。

[ 2015/06/10 17:44 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kdcさん
単体と言うか一応RED2とRED3のプラグインセットで販売しているのは知ってるんですが、めちゃくちゃ高いのでオーディオIFのオマケとして入手するというのが常套手段になってますね。
例えば最初のころからオーディオIFのオマケにはせず、もっと前面に出して販売していたら結構売れたんじゃないかとは思ってます。
でも、今の形態のほうが私たち的には助かりますw

そんなバグがあったんですかー!
今仕事中なので帰ったらCubaseとStudio Oneで試してみます!

なるほど、基本はカットですね、やってみます。
確かに重い・・・IK製品のクオリティが桁違いに上がったのは嬉しいですが、今後これ並みの重さとクオリティの物が多数出されたら結局使っちゃうでしょうからPC負荷的にやばそうですね・・・

EQはまだまだ研究が必要ですね、がんばります。
[ 2015/06/10 23:08 ] [ 編集 ]
REDシリーズは単体高いんですね。まぁこの出来なら当たり前か。
RED3もなかなか使えるCompですし、もっと盛り上がって欲しいですね。

あんまり使っている人はいないのですが、FocusriteにはMidnightシリーズという素晴らしいのがあるんです。ISAシリーズという名機のシミュなんです。これがまた使えるんですよ。ISAらしい音になります。
AAXにまだ対応していないので微妙ですが。
SHOW見に行ってもFocusrute自体あまりPluginを推し進めようとしてない感じなので後継は出なさそうですが。
[ 2015/06/11 13:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kdcさん
実はそのMidnightシリーズも欲しいんですよね。
けどそれは単体の販売してなくてはちょっと高めなオーディオIFを買わないといけないのでなかなか・・・
多分そのせいで使ってる人が少ないのではと思います。
最近オーディオIF買い替え時の候補にMidnightがもらえるForteを入れてたんですが、UA-S10という新製品の誘惑に負けてしまいました。

良いプラグインが作れるのに推さないというのはやっぱりハードメーカーの老舗としての意地なのでしょうかね。
[ 2015/06/12 09:02 ] [ 編集 ]
おぉRolandの奴ですね。なかなか周りにあれを持っている人いないので聴いてみたいですね。
見た目もなかなか良いですよね。最近のRolandは変わりました。

Midnightは言ってもAAXに対応していないので、Blue Cat's PatchWorkというのを使ってAU版やVST版を使うしかないんですが。
PT10ではRTASがあるので使えます。

間違いなく意地でしょうね。それでも最近はFocusriteは一般ユーザにシフトした展開をし始めているので良いPluginがまだまだ出る可能性あると思います。
Midnightも可能性高いですね。ISAは凄く良いハードなんですが、完全にPro仕様なので値段もそれなりなんです。
[ 2015/06/12 17:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kdcさん
音というか、オーディオIFでの正式な32bit float処理対応と言うところが気になってました。
あと出張先に長く滞在する仕事をしているので軽いところですかね。
リスニング用途では値段なりらしいですが、DAWから32bit floatで出す時に威力を発揮するそうなので期待しています。

Focusriteのプラグインも増えて欲しいですね。
ハードは私にはまだまだ敷居が高いと言うか、仕事柄買っても使えないのでw
[ 2015/06/12 23:44 ] [ 編集 ]
32bit float処理は凄く重要です。
ダイナミックレンジが全く変わります。ですので、受けて側とともに出し側の処理の仕方も非常に重要です。
DDをどう処理してるのか興味あります。
ちょっと色々調べてみようかな。

[ 2015/06/14 02:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kdcさん
届きましたがチラッとしか聴けていないのではっきりした違いがまだはっきりとはわかりません。
しばらくしたらゆっくり聴くことが出来るのでそのときにどう違うかよく聴いてみます。
[ 2015/06/19 18:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。