We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】SHADOW OF THE ELDER TITANS / Dragonlance【レビュー】

SHADOW OF THE ELDER TITANS


今年最後の記事になります。

今回は日本のシンフォニックメタルバンド、Dragonlanceの2ndアルバム「SHADOW OF THE ELDER TITANS」(2016年)です。
13曲収録、うち5曲がオーケストラのインスト曲。


ここ数作をレビューさせていただいているDragonlanceの及川さんからまたしても新譜の連絡をもらいました。
今回も٩( 'ω' )و✧でレビューを引き受けました٩( 'ω' )و✧


まずはジャケット。
前回アルバムと同様、もしくはそれ以上に、むちゃくちゃカッコいいやあん・・・
アーチャーがメインの3人の戦士と巨大なモンスターの戦い。
これはメタラーならジャケ買い必死ですわぁ。


サウンドは、前作よりもハイが強めで明瞭。
耳を惹くのがギターの弾き倒しっぷり、そして高域が多く時にはハイトーンかとまで思えるボーカル。
ベース、ドラムは全体的に控えめな印象。
今回もシンフォニック系なオーケストラ楽器がガツンと出ています。


各トラックのレートは、


#1 PROLOGUE -Twilight Of The Gods- ★3
#2 EYES OF THE CHRIST ★4
#3 THIRST FOR REVENGE ★5
#4 -Abyss Gate- ★3
#5 HOLY BLOOD ★5
#6 FIRE STONE ★3
#7 The Tower Of High Sorcery ★4
#8 MASTER OF LANCE ★4
#9 RISE OF EDEN ★5
#10 Liberator Of Oath ★4
#11 RETURNING OF THE KING ★4
#12 KNIGHT THE WANDERER ★4
#13 The Elder Scrolls ★4


Top3は、


#3 THIRST FOR REVENGE
初っ端からスピード感溢れる爆走曲。
イントロの高速な刻みと、リードギターの弾き倒し具合がすごい。
またボーカル、リズムギター、リードギターの絡みが複雑だが上手く絡んでいて綺麗。
ソロではオーケストラ楽器とも上手く絡んでいる。
後半のソロ後のリードギターとハイトーンなボーカルの絡みでの繋ぎが最高が良い!


#5 HOLY BLOOD
チャーチオルガン!(* ゚ω゚ *)
ってなるよね、このイントロ。
王道で、刻みまくりで、起承転結がはっきりしていてわかりやすい曲で、それだけあって聴きやすい。
メロディがだいぶクサい(褒め言葉)


#9 RISE OF EDEN
迫力あるイントロが印象的。
この曲はで珍しく全体的にボーカルの重心が低め。
しかしこういう重心の曲も上手く歌いこなすところはさすが。
曲構成の面でも、サビのど真ん中にテンポチェンジをブっこんでくるという大胆さだがこれが良いアクセントになっている。
これもだいぶクサい。


やはりこのバンドの強みは曲構成の巧みさ、複数のリードの絡め方の上手さにあるなと思います。
それはアルバム構成からもわかる通り、メインの部分はかなり脂の乗った曲が多いがそれに対しオーケストラインストを入れることでバランスを調節されているところからも感じ取れます。

それにしてもこのアルバム、音圧すごくないですかね。
これは完全に私の中の作る側の視点なのですが、ここ最近聴いた中でも別格レベルに音圧が高い(測ってはいないですが)。
このアルバム以外に聴いてて特に音圧が高いと思ったのは(同じく測ってないですが)OverkillのWhite Devil Armoryですが、このアルバムはそれを超えてくるレベル。
それもOverkillがスタンダードなバンド形態なスラッシュメタルに対し、こちらはオーケストラ楽器含むシンフォニックメタル。
ちょっとした衝撃でした。

今作も過去作から曲を収録されているが、多くのボーカル、ギター、リードギターの再レコーディング、そしてすべてのギターのリアンプとかなり気合の入り様。
過去作を既に持っている方でも楽しめる内容かと思います。

ちなみに、冒頭でも書いたように(2016年)発売です、正確には2016年2月24日とのこと。
未発売のものをレビューするのって確か初めてなんじゃ、しかも翌年のウヘヘ
と書きたかったのでなんとか2015年中に書き上げました٩( 'ω' )و✧


評価 ★4+


動画は本アルバムのトレーラー
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。