We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アンプシミュ変則活用】Amplitube 4で音を悪くする【プリミティブブラックメタル】

(注:IK MultimediaのAmplitube 4の音が悪いという意味ではありませんし、Amplitube 4の音は大好きです)

3/1追記
普通のAmplitube 4のレビューが読みたい方はこちら
【IK Multimedia】Amplitube 4のみでメタルの音作り(プリセット配布)【アンプシミュレーター】





突然ですがあなたは、

「音が良いことは正しい」「音質が良いことが正義」と思いますか?



この世には、いやへヴィメタルの世界には、音が悪いほうが良いとされるジャンルがあります。

それは、
ポンコツスラッシュメタルプリミティブブラックメタルです。

ポンコツスラッシュメタルはまだ良いです、これは結果的に音が悪いことと、演奏が拙いことが重なってできるものです。
常識の範囲内で意図的に音を濁らせたりなどすることがあります。
ちょっと定義が変わりますが、オールドスクールスラッシュメタルも音が悪めなほうが好まれる傾向にあります、特に最近のバンドがオールドスクールを作る場合。
これは古いスラッシュメタルは確かにかっこよいものが多かった、そして金がないからか音が悪いものも多かった、これらが勝手に結びついた結果だと思います。


プリミティブブラックメタル、これは意図的に、しかも異常なまでに音を悪くし、それが良いとされる傾向にあります。

まあとりあえずこれを聴いてください。




とかこれ




バカじゃねーの!って思うレベルの音の悪さ。
でも不思議とかっこよい、気がする。

かっこよくない?
じゃあこっち、ブラックメタルの始祖にしてまさにプリミティブ(原始)なバンド、Bathory。







この辺の信者に、上記の質問に対しての答えを「Yes!」にすると、



「キリスト野郎だ!殺せ!!!」



と返ってくるとかこないとか。



さてこれらの曲、家やガレージであまり良くないマイクなどを使って一発取りしたような雰囲気。
こういうのって大音量じゃないとなかなか難しいと思います。


こういうの、真似したい人いますよね?ね?ね?



はい、頑張りましょう!
今日はこのAmplitube 4を使って雰囲気を近づけてみたいと思います。

Amplitube4 Cab



ではまず元になる曲をどうぞ。



普通っすね、私のボーカルが笑えるって程度。


では、こいつのマスタートラックにAmplitube 4を挿してやります。

そしてキャビネット以外をすべて下の画像のボタンでバイパスしていきます。
Amplitube4バイパス

StompA,B、AmpA,B、InsertA,B、RackA,BをバイパスすればOKです。


では次にキャビネット側を設定しましょう。

キャビネット、テキトーに好きなの選んでください。
Amplitube4キャビネット



スピーカーユニット、好きなので良いですが低音があまり強くない物が好ましいと思います。
Amplitube4スピーカーユニット



マイク、同じく低音があまり強くない物が好ましいと思います。
位置をグリグリやってスネアの音が一番聞こえやすい場所に置くと良いと思います。
Amplitube4マイク



ルーム、上部のマイクは自由に選択してください。
広さはどちらかと言うと狭めなほうがオススメです。
部屋の種類はガレージ一択!このガシャガシャ感が大事です。
Amplitube4ルーム



ミキサー、ルームマイクを大きめにします。
mic1とmic2の2つのマイクのバランスをとりますが、片方オフにしてもOKだと思います。
Amplitube4ミキサー



よし、完成したぞ!




どうですか、笑えたボーカルもオケに馴染み、曲そのもので笑えるようになりました。
聴いてもらうとわかると思うのですが、本当に低域が出まくりやすいので低域を抑えた選択をし、必要であれば後段にEQを挿してローカットしましょう。


正直な話、こういうことやると細かいミックスがどうとかオケに馴染まないだのなんだの、バカらしくなります。
これで簡単に馴染んで(好きな人にとって)かっこよくなる、という。
あ、忘れてた、最後にリミッターを挿しても、音圧を上げてはいけません。

それが、プリミティブ


だいぶ変則的な使い方でしたが、こういう発想もアリなんじゃあないかな、と思うのでした✧d( 'ω'd )✧


さて、

あなたは
「音が良いことは正しい」「音質が良いことが正義」と思いますか?




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。