We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JST】Finalityでブッ潰す!!!【リミッター】

Finality20160215


買っちゃいました、JSTの新しいリミッターFinality Advanced٩( 'ω' )و✧
Finality AdvancedにはLiteも付いています。


Liteのほうを見るとわかりますが、LA-2Aのモデリングっぽいですよね。
オプティカルタイプのレベリングアンプと呼ばれてますが、どっちかと言うとコンプに近い動作を期待して使うイメージがあります。
いろんなメーカーからモデリングが出てますね。

このプラグインはもともとJSTのアンプシミュ、Toneforge MenaceとToneforge Ben Bruceに載せられているもので、それがすごく便利なので単体で欲しいなあと思っていました。
Advanced版はそれにいろんな機能拡張しつつ、簡単さを保ったもののようです。



○Finality Lite
超絶簡単です。
・THRESHOLD
音をリミッティング、音はオートゲインだからドンドン音量上がるよ!

・OUTPUT
上がりすぎたらアウトプットで音量を下げてね!

・INPUT
インプット量も弄れるよ!インプットが足りなかったり多すぎたらここ弄ってね!

・MIX
MIXでDry/Wetの割合を変えられるよ!

・IN、GR、OUT
メーターをインプット量、ゲインリダクション量、アウトプット量のどれを表示させるのか選べるよ!


○Finality Advanced
Liteの機能に加えて、

・LOOK AHEAD
先読み機能のことだけど、普通のコンプで言うところのAttack Time的な使い方かな!って解説動画で言ってた。

・RELEASE
リリースタイムの設定です!

・AGGRO
リリースのエンベロープを変更!
オンにした状態はドラムに良いよ!って解説動画で言ってた。

・COLOR
色付け、結構激しく色を付けるよ!これだけで結構音量上がる!

・MODE
KNEEの変更!HARDとSOFTの2種類しかない、私は大抵HARDを使う!

・SIDECHAIN HPF
サイドチェインフィルターで、下のHPF FREQ以下の音を無視!
そしてSC MONITORではリミッターを適用する音のみを出力する機能!

・AUTO GAIN
Advancedではオートゲインまで切ることが出来る!
オートゲインを切った場合は下のGAINが有効になるよ!



機能はこんなところですかね。


では音をどうぞー₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

○ギター


ギターにはLiteを使っています。
またギターのほうにはIK MultimediaによるLA-2Aのモデリング、White 2Aで潰したものも用意してみました。

どちらもゲインリダクションが大体-3くらいになるようにし、そしてRMSを大まかに揃えました、RMSというかパッと聴いた感じ近くなるように。
White 2Aはちょっと強めにしちゃった感あるかな・・・

この動画を見てください。
Cubaseのメーターや、bx_meterの一番外側の細い白線がピークメーターなのですが、、、

バイパス状態





White 2A使用





Finality Lite使用





Finality完全にブッ潰してるじゃないですかヤダー

どうですかこのブッ潰し感、White 2Aは尿漏れしてるかのように感じます。
完全に張り付いてほとんど離れません。

音もそんな感じでブリッジミュート部分のラウド感が違います。
White 2Aのほうが歯切れは良いかもですが、薄味感。
ですが、White 2Aのほうがちょっとだけ重心が低いかな?まあそれは音作りの時点で考慮してれば問題ない程度だし、こんなタイプのギターは後からでもある程度下を削るのでいいかな。


○ベース


ベースにはCOLORとSIDECHAIN HPFを使用しています。
中~高域がいい感じにジャリッとしつつ、低域には反応せず抑え込まないので重さを保ってます、それどころか増してます。
こっちはRMS揃えてないけどね(=゚ω゚)


○ドラム


こっちこそ本当にRMS揃えてない。
こっちではそれなりにガッツリ潰し、MIX機能を使ってバランスをとることでアタック感が出来るだけ損なわれないようにしました。


では、すべてのトラックを同時再生します、マスタートラックにはFluxのPure LimiterをOutput -0.2にして挿しているだけです。




印象としては、ラウドにする用途としてはめちゃくちゃ簡単に使えて嬉しいです。
元々想定していた「ギターに使う」と言う点でかなり使えそうですし、それをベースにも使えるようになったので嬉しい限り。

しかしドラムのバストラックに使うにはアタックの調節が難しく、そしてMIX機能必須かと思います。
こちらには他にも良いバスコンプはあると思うのでそちらから選んで、出来るだけラウドにと言うことであればこれも良いんじゃないかと言ったところです。


例のごとく、配る用のクーポンをもらったのでどうぞ(=゚ω゚)ノ
セールとの併用も出来るはずです。
http://joeysturgistones.com?redeem=NTZiNmQxMjRkMTkwMTUwMzAwZTliZDMx
期限は書いてなかったのでわかりません。
2016/03/08までだそうです。

今回は$10offとのこと、そっちのほうが値引き率が高いことのほうが多しね!
以前のごとく、このコードを使って購入された場合は私にも$10offのクーポンが来ます、しかし今のところ使う予定がありません。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。