We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】

Sktc Hurdy Gurdy


ほいでは第3弾٩( 'ω' )و✧

第3弾はSonokineticHurdy Gurdyです。


○コントロール関係
ベロシティは効きません。
ピッチベンドは効きますが、仕様の関係でドローン弦ごと音が変わるので使えません。
無理やり使うことは出来るかもですが・・・

アフタータッチを使います。
アフタータッチを使うことで唸り駒が鳴る仕様です。

アフタータッチが対応しているキーボード持ってないよ・・・って方にはこちらの記事!
Cubaseでアフタータッチを他のCC#に割り当てる方法です。
モジュレーション・ホイール(CC#1)に割り当てるとやりやすいです。
他のDAWでも大体同じようなものかと思います。

【Cubase】アフタータッチなどをノブやホイールに割り当てる【MIDIキーボード】


真ん中にいろいろ付いてますよね。
まずFLIP、これは右利きと左利きを入れ替える機能です。
こうなる。
Sktc FLIP







なぜそんな機能を付けた。





はい、では次にAlways Trans.。
この音源はモノフォニックなのですが、チャンターが割り当てられている鍵盤を重なるように押すと最初に押していた音階から次に押した音階へレガートした音がなります。
しかしこのAlways Trans.をオンにすることで、重ねるように鍵盤を弾いても常に最低音からレガートされた音がなります。
一瞬最低音が入るわけではありません。








なぜそんな機能を付けた。





IRは、お察しの通りリバーブです。
IRリバーブを搭載しており、ぞの中から選択して使用することができます。
Sktc IR


キャッスルホール、ルーム、宿屋
非常にファンタジーでハーディガーディですね!


そしてVolumeは各弦、ラウンドロビンダイナミクス?、効果音などの音量が設定できます。
Sktc Volume



○キーボード
FLIPしてない状態を書きます。

A#0~A1・・・ドローン弦、最初から複数のドローン弦+チャンター弦の開放状態が鳴る
B2 ~A4・・・チャンター弦、カチャカチャ鳴るだけ


○チャンター弦発音仕様
上記の通りモノフォニックです、ハーディガーディとして正しい、正義です。
しかしただチャンター弦の範囲を押しただけではカチャカチャとアタック音やリリース音が鳴るだけです。
チャンター弦を鳴らすドローン弦が鳴っている必要があります。
なんでそんなk・・・いや、実はこれは非常に理に適っています。
というのも、ドローン弦は各音階+その音階のチャンター弦開放状態が鳴ります。
すると、あとはチャンター弦の音階を押してレガートさせてやることで、チャンター弦はモノフォニックで鳴り、アタック音とリリース音が正確に入るという。
よく考えられてますね!
ドローン弦を鳴らしたくない場合はVolumeでドローンの音を切りましょう!


○ドローン弦発音仕様
上記の通り最初から複数のドローン弦が鳴り、それプラスチャンター弦の開放が鳴ります。
選べません、フィッシュオンリーと言われた気分です。
しかしチャンター弦の仕様を作るには仕方がなかったのでしょう。


打ち込み画像
でかいのでサムネイルを貼り付けてます、クリックして拡大してください。
Sktc打ち込み

このように開放弦の音は打ち込む必要はありません。
これはリアルタイムレコーディングでも非常に楽だと思います。


音。



これが一番ハーディガーディのイメージに近い音です。
なのですが、あまりにもイメージに近い、なんか響いてるような音がちょっと使いみちを制限してしまう気がしています。

あと、使っていて決定的に弱い部分が出てきます。
何故か音が途切れる。



では第4弾へ✧d( 'ω'd )✧

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】
【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】
【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。