We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【簡単プラグイン】簡単なプラグインでミキシングした【ノブが少ない】

一度は諦めた記事なので若干ラフに行きます(=゚ω゚)
というか、本記事は構想時点からネタ要素を50%くらい含んでます。








ってことでLSRのプラグインが復活したので・・・



ミキシング、難しいですよね(=゚ω゚)
なかなか綺麗なミキシングが出来ません。


でも、ちょっと待ってください。
ミキシングって何?
本当に、綺麗に作る必要があるのか、こんな難しいことが必要なのか。
綺麗でなくても楽しくなるミックスや、ミキシングを楽しむというのはどうだろうか。

という、ちょっと固定観念を崩して角度を変えて見る記事です。







ではまず、苦しいミキシングになってしまう根本は何なのか。


思うに、

各楽器を上手くバラけさせることが出来ない!

ミキシングに使用するプラグインに出来ることが多すぎてどうしたら良いのかわからない!

操作部分が少ないプラグインを使えばいいじゃない!

プラグインの選択肢が多すぎて困る!

使うプラグインの数も少なくすればいいじゃない!

などという、「操作部の少ないプラグインだけでミキシングしよう!」という発想ありきな考えで今回は行きましょう(=゚ω゚)
(なのでプラグインのクオリティは結構無視したりしてます、極力良いのを選んでますが・・・)


今回使用したプラグインはこちら。


・EQ
BasiQ / Kuassa

BasiQ



・コンプレッサー
SK Dynamics / LSR Audio

SK Dynamics



・サチュレーター
Saturation Knob / Softube

Saturation Knob2



・リバーブ
Reverb Solo / Acon Digital

Reverb Solo



・マキシマイザー
Ultramaxit / Plug and Mix

PM Ultramaxit



・トランジェントプロセッサー
Attack Knob / Abletunes

Attack Knob



そう、基本的にアウトプットのゲインを除いて、EQは操作部が3つまで、それ以外は2つまで、という基準で選んでいます。
これならほとんど迷うことはないよね!!!




さて・・・各トラック毎の処理の解説?めんどくさいっす!
簡単に言うと、

ギター・・・EQでちょーっとハイを上げた、その後コンプで軽く均した
ベース・・・軽くサチュレーション、EQでMIDとLowをちょい上げてHighをちょい下げ、コンプで軽く均し
キック・・・EQで音を好みに、コンプでバチッと潰す
スネア・・・EQでLowを削り気味にしつつ音を好みに、サチュレーターで音が抜けるようにし、コンプ
タム・・・スネアとほぼ同じ
シンバル類・・・EQでLowを落とし気味にし、好みでHighを上げる
ドラムバス・・・まとめてうすーーーくサチュレーション、トランジェント処理、ちょびっとコンプ
リバーブ・・・余韻長、余韻短その1、余韻短その2の3種類作ってそれぞれEQでLowとHighを落とす、ドラムやギターからSEND


こんな感じw
どちらもトータルの音圧を-10LUFSで揃えています。




一番わかりやすいところで言うと、ドラムの質感。
やっぱりリバーブを使っただけあってドラムがウェットな感じ。
あとはギターをHigh、ベースをLowに振り分けたためそれぞれが聴きやすくなった。

これにメインメロディやコーラスが入ってパッドとか入れてディレイなんかも入れ始めるともっと大きく変わってくる、、、はず。


実際にやってみて感じたメリットを上げていくと、

・やることに迷わない
・操作が単一なので音に集中しやすい
・やることが少ないので時短

なので自分がやりたい方向へ結構すぐに近づいて行くんですよ。

例えば3バンドのEQって2つの楽器の片方のHighを削るLowを上げる、もう片方のHighを上げるLowを削る、これだけで案外棲み分けが出来てしまいます。
そりゃそうですよね、全く同じ帯域を片方上げて片方下げてるんですから。

コンプ、マキシマイザー、トランジェントプロセッサーはやること決まってる。
リバーブは変に弄る必要がない。
音が抜けて欲しい部分にはサチュレーター挿しとけ。
そりゃあわかりやすいですし、早いです。


デメリットは、

・融通が利かない

これくらいですかね。
なので融通を利かせたくなったら他のを使ってみれば良いでしょう。



さて、結構ふざけて作ったつもりの今回の記事や曲、思ったより真面目な形になってしまいました。
しかしこういう制限を付けることでミキシングに慣れていない人はだんだん慣れていくし、ある程度出来る人がやっても何か発見が出てくるんではないでしょうか。
なかなか面白かったです。



ついでなので他にこの制限でも使えそうなものは、
Plugin AllianceのOpto Pedal、niveau filter
WavesのOne Knobシリーズ
あたりでしょうか。

これらを持っている人は是非一度!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。