We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【打ち込みで】前にJunk Guitar LEでリードはちょっとと言ったな、あれは嘘だ【狂気のギターソロを作ろう】

突然ですが、Junk Guitar LE初出の記事で「リードに使うにはVS Burst LP Freeに譲るかも・・・」と言いましたが、早速否定しようかと思います。
Junk Guitar LEの記事


いや、まあねー、その最初の記事の時からリードに使ってますしねー。
これ。




そして3回目の登場のときのリード。
これは左右リード。



そして4回目の登場がこれ。
ここではがっつりギターソロのパート。


曲がクソだせえ


2回目はこっそりASRの記事のときに出てました、リズムギターのみですが。


4回目のを使って狂気のギターソロ作るのはどんな感じなのかポイントを見ると同時に、
「Junk Guitar LEはリズムギター用」説を否定しましょう。




その前にまず、私の頭のなかで思っている(狂気の、スラッシュメタルの)ギターソロとは、
それはとにかく


「こいつ頭おかしい」


と思わせることです。
そのためならなんだってありなのですよ。
打ち込みであればそれが尚更やれるはずなんです、手でギターを弾くよりも制限が少ないですから。


ギターを引いてる人だって頭がおかしいと思われるようなフレーズを出してきます。
代表例はこれ。
これの3分過ぎた頃のギターソロ。



ね、頭おかしいでしょ!
こんなスラッシュメタル界のトップに君臨するバンドの、代表曲がこうなのです。
だからこれに負けてはいけません。



○MIDI打ち込み
まずはMIDIを打ち込みましょう。

こんな感じ!!!
MIDI Junk S

もっと細かく見たいならこっちのサムネをクリック。
MIDI Junk L


いくつかのポイントがあります。

1、スナップをオフにしよう!
2、トレモロリフを利用しよう!
3、時々ミュートやハーモニクスを入れよう!


・1つめのポイント
スナップ(正確な位置、長さにMIDIノートを打ち込む機能)を95%くらい使ってないことですかね。
とにかく勢いで行きましょう、縦の線に合わせる必要はありません。
思うままの位置に打ち込めば良いんです、気に入らなければあとから修正すれば良いんです。

では逆にスナップを使うのはどこかというと、やっぱり小節の頭の1ノートくらいですかね。
そこくらいは合わせてあげましょう、でないとリズム隊涙目です。
ただ今回は大体4小節に1回くらいしか使ってません。
それ以外にはギターソロへ入る際のグリッサンドやピックスクラッチみたいなやつに使いますかね。

音階?調?そんなものは全く気にする必要ありません。
リズムが気になる?それはこのあとワウを入れるので、それをやった後に考えてください。

重要なのは、聴いてて気持ち良い、興奮する、イッてしまいそうだ、
そんな感覚を出しちゃうくらいに「頭おかしい」フレーズにすることです。


・2つ目のポイント
トレモロリフを利用するのです、そのままです。
この打ち込みで言うとこれくらい使ってます。

JGトレモロ


トレモロピッキングは便利ですよー、とにかく荒々しい弾き倒し方を出せますからねー!
当然ながらトレモロピッキングが収録されていないギター音源ではなかなか難しいです。
よって、Junk Guitar LEはスラッシュメタルのリードにはいい感じ、と。


・3つ目のポイント
これもそのまま、時々ピッキングミュートやピッキングハーモニクスを混ぜましょう。
それはランダムに入れていっても良いし、ときに規則正しく入れていっても良いです。
でもやり過ぎはあんまり、かな。

JGミュート


Junk Guitar LEにはこれらの奏法も収録されています。
特にミュートにソフトとハードがあるので使い分けができて非常に良いです。

また、これ意外にも色々な奏法が収録されています。
ユニゾンベンドとかクォーターベンドとかブラッシングとかトリルとかその他諸々・・・
好みに応じ入れていきましょう。


○ワウを入れる
やはりこれは打ち込みです。
MIDI打ち込みできっちりとは揃わないように入れていきましたが、それでもなんかイマイチって感じたりします。
それを抑える(誤魔化す)ためにオートメーションでワウを入れましょうw

こんな感じにオートメーションを入れてます。
ワウオートメーション


Amplitube 4の場合、オートメーションの設定は、大まかにしか書きませんが・・・

Amplitube 4内でオートメーションを書きたいものに対し右クリック
→Assign Automation
→機材名
→好きなパラメータを選択
ワウ



トラックにオートメーションを表示させ、そこに先程設定したパラメータを設定。
オートメーション設定



トラックの[R]と[W]をオンにして、録音ボタン(リアルタイムレコーディング)を押して再生しながら、先程設定したワウをマウスでグリグリ動かす。
これでオートメーションが記録されていきます。
このときリズムに乗って、ワウペダルを踏んでる気持ちでノリノリでやってくださいwww

このワウのオートメーションがいい感じに書けると、MIDI打ち込みのリズムがイマイチでも結構なんとでもなります!w
ワウで音程やリズムを誤魔化す方法ですねw



○オマケにピッチベンドをすこーーーしだけ入れる
これはオマケです。
ワウを入れてるのでわかりにくいのですが、すこーしだけ入れてやると気持ちがいいw
私の場合はピッチベンドホイール付きのMIDIキーボードがあるので、オートメーションと同じようにリアルタイムレコーディングでちょんちょんとホイールを動かします。
それこそ、先っぽだけー先っぽだけー、みたいに焦らすような・・・(何を焦らすのか)
一気に全開にすると大変なことになってしまいますのでwww

私はこれくらいです。
JGピッチベンド

数値にして大体200前後、最大500もいかないくらい。





よし、これらをやったらこんな感じになりました。
今回はアンプシミュだけでリバーブやディレイを作ったので、それらの音も入っています。




私がギターソロを打ち込む際はこんな感じですね。
もちろん、ワウを使わないギターソロを作る時もあります。
しかし、その場合はこの何倍もの時間がかかっています。
気持ちよく聴かせるのは本当に難しい。


そんなわけで「Junk Guitar LEはリズムギター用」説もいい感じに否定出来たんではないかなーと思います。

うん、最近Junk Guiterが気に入っててつい読み込んじゃうんだ!
そして6弦レギュラーチューニングのギター用の曲になっちゃうんだよね!
これはJunk Guitar LEをV1へアップグレードさせちゃう兆候かな???


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。