We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Exhibit B: The Human Condition / Exodus

Exhibit B The Human Condition


アメリカはベイエリアのベテランスラッシュメタルバンド、Exodusの9thアルバム(2010年)です。
13曲収録、12曲+1曲ボーナストラックです。


有名なバンドなのでメタルを聴く人でこの名前を知ってる人は多いでしょう。
現Metallicaのリードギター、カーク・ハメットが作りMetallica加入前に在籍したバンドでも知られています。
いわゆるスラッシュメタルの始祖的立ち位置のバンドです。


ジャケットはレオナルドダヴィンチの有名な人体図のようなポーズをした骸骨が手々にいろんな火器や刃物を持ってます。
なんとも攻撃的。
一個だけ聖書のような・・・


内容でまず分かるのが、再結成後のExodusの傾向と同じモダンな作り。
そして長大な曲の数々。
初期の頃の直球な曲作りプラス変則的で複雑かつキャッチーなリフ作り。
これを両立しているからすごい。

ギターはかなりエッジが効いていてザクザクに刻む音、数あるメタルアルバムの中でも私が特に好きな音です。
ベースはギターに押され気味ですがしっかりと曲を支えるバキバキ音。

歯切れの良いバスドラムとスネアが総じて前に出てきていて気持ちの良いリズムを刻む。
金物やタムはギターと強調するためにちょっと控え気味のようです。

ボーカルはかなりのガナリ系で高音強めですが、上手いボーカルですね。
このボーカルがあまり好きでは無い人も多少いるようですが、私はかなり好きなボーカルです。


各トラックのレートは、


#1 The Ballad of Leonard and Charles ★5
#2 Beyond the Pale ★4
#3 Hammer and Life ★5
#4 Class Dismissed (A Hate Primer) ★4
#5 Downfall ★4
#6 March of the Sycophants ★5
#7 Nanking ★3
#8 Burn, Hollywood, Burn ★4
#9 Democide ★4
#10 The Sun Is My Destroyer ★5
#11 A Perpetual State of Indifference ★4
#12 Good Riddance ★5
#13 Devil's Teeth (Bonus Track) ★5


Top3ですが、、、いやぁ~迷う!


#6 March of the Sycophants
イントロの最初は直球な刻みで疾走、その後のイントロ第2段階へ。
第2段階はリズミカルにメロディを刻むキャッチーなリフ。
いきなりこんなのを両立するのだからすごい!

サビでは攻撃的なボーカルに加え、コーラスも冴えわたります。

ここまででも十分に楽しめるのですが、この曲の本番は後半!
超絶スラッシュパート!
暴れたくなること間違いなし!


#1 The Ballad of Leonard and Charles
アコギから静かな雰囲気で入り、的確な場所で強烈なギターの登場。
一瞬の間を空けて本編へ突入。
イントロのゆったりな雰囲気から一変、スラッシュなリフの応襲。
私は特に4:02辺りからのリズミカルかつ同じ音程で淡々と刻むブリッジミュートのみのリフが大好きで、勝手に頭が動きます。
ギターソロへの入りも秀逸。


#3 Hammer and Life
アルバムリリース前に先行公開された曲(らしい)ですが、先行公開するだけあってキャッチーかつリズミカルな8分刻み中心に構成された気持ちよく聴ける1曲。
長大な曲が多い中、インストであり#12の前奏的トラックの#11を除けば一番短い曲。


はっきり言って★5の曲はどれもがTop1級です!
The Sun Is My DestroyerもGood RiddanceもDevil's Teethも載せたかったのですが、とりあえず上記3曲。
ここまで選曲に悩むアルバムも珍しい!

Exodus史上でもトップレベルの出来を誇る1枚であると思います。
私的には2010年の新譜でTop3に入る1枚です。


評価 ★5


動画はMarch of the Sycophants



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。