We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Ironbound / Overkill【レビュー】

Ironbound


アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの15thアルバム(2010年)です。
10曲収録。


私的2010年Top1アルバム!

2010年の初月、1月29日に発売でいきなり凄いものを出してくれたな!と思ったものです。


ジャケットは、Overkillではお馴染みの角突き髑髏に翼の生えたあれが、鉄っぽい質感になって鎖につながれ鎮座しているようです。
なんとも重厚感があります。
これのTシャツがあったら即買います。


内容は全体的に大作思考な長大曲多め。
しかし、曲の出来はどれも凄く良く、聴いてて飽きません。

ギターは高音強調めでジャキジャキといった音で刻みまくる。
Overkillの中核の一つであるベースは、いつにも増して目立つバキンバキンな音。
D.D. ヴァーニがベースを弾く姿が容易に想像できます。
DD
ギャグ化する前の渋い頃の桃白白。

ドラムは軽快軽やか、ちょっとリバーブ強めで響きが強いかな。
しかし凄く安定したドラム!
タムの音がかっこよい!

楽器隊が見事なミックス。
どれもこれも凄く見事に音を分けてあり、楽器の音一粒一粒がよく聴こえます。

そしてOverkillの最大の武器であるボビー・ブリッツ・エルズワースのボーカルは、低音も効き物凄くパワーを持ち、そしてヒステリックに叫ぶ様はまさに鬼神、ジャケットの鬼髑髏そのもの。
メタル界トップレベルのフロントマンだと思ってます。


各トラックのレートは、


#1 The Green And Black ★5
#2 Ironbound ★5
#3 Bring Me The Night ★5
#4 The Goal Is Your Soul ★5
#5 Give A Little ★4
#6 Endless War ★5
#7 The Head And Heart ★5
#8 In Vain ★5
#9 Killing For A Living ★5
#10 The SRC ★4


もうね、桁外れの★5の多さです。


好きな曲Top3は、


#4 The Goal Is Your Soul
大抵の人は#2のIronboundや#3のBring Me The Nightが一番に来るでしょうと思います。
しかし私はこれが一番!
前々から私が言ってきた、所謂メタル曲構成最強説(後付)。
これが特に顕著に現れる曲では無いでしょうか。
特に言われる「起承転結」、これがはっきりしており明快で分かりやすく、そして疾走も忘れない強烈強大大作曲
クリーンなギターの怪しいフレーズに始まり、段々と音が大きくなりながら追いかけてくるスラッシーなリフ。
そのリフに完全に切り替わった瞬間、完全に心を奪われます。
スラッシュメタルどころか、メタルそのものがここに集約されていると思います。


#2 Ironbound
最初に高速刻み、バスドラムドコンドコン、スネアタッカンタッカン、ベースバッキンバキンに弾き倒すイントロでで始まるアルバムタイトル曲。
全体的に凄く疾走爆走と、上記の引き倒しパートを絡めて進行し、間にスローなクリーンパートを挟み、また疾走して速度を強調。
問答無用の名曲です。


3曲目ですが・・・

選出が出来ません。

ホントにどれもこれも良過ぎて選べないのです!
なんとも贅沢な悩み!

いきなり大作ですが、気持ちのよい疾走と脅威の完成度で短い8分の#1 The Green And Black。

超絶疾走激走爆走な#3 Bring Me The Night。

集中砲火のようなドラムと刻みに始まり、終始疾走な#6 Endless War。

低いグロウルのようなボーカルを珍しく使う曲、ダークな進行が良い#7 The Head And Heart

NWOBHMとスラッシュの融合、メロディを刻むのに速い疾走の#8 In Vain。

期待感を煽りまくるかっこよいイントロから、アナウンスのようなパワータップリの語り風のボーカルで今度はスピード感を煽る#9 Killing For A Living、ブリッツのボーカルが冴える!


なんとも凄いアルバムを出したものです。
スラッシュメタル初期から活動し、コンスタントにアルバムを出し続けて15枚、これこそが本物の「継続は力なり」であるなと思います。

曲良し!テンション良し!プロダクション良し!
メタル界の歴史に名を残すアルバムMetallicaの「Master Of Puppets」にも匹敵するのではないかと思っています。
それくらいに凄いアルバムで、数々の名盤を出しているOverkillでもトップに君臨するアルバムだと確信しています。


評価 ★5+


動画はThe Goal Is Your Soul



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。