WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Melda Production】強烈サブジェネレーターMBassador【ベース鬼補強】

MBassador


黒金のときに、アップグレード含む全てのバンドルが半額になり、ちょうどいい機会だったのでMixing Bundleにしました。
今回は、それで手に入れたMelda ProductionのMBassadorです。


この記事はちょっとした実験を含んだ記事なので短めです(=゚ω゚)


さて、MBssadorは記事のタイトルのように、鬼のようにベースを補強してくれます。
このプラグインをかけている音の基音を中心に補強してくれます。


まずは試聴用音源。
ヘッドホンか低域がよく分かるスピーカーじゃないとわかりにくいと思います。

Bass Dry


Bass Wet


Kick Dry


Kick Wet



この試聴用音源ではベースギターをちょっとばっかし補強してみたり、ドラムの中でキックのみ補強しています。
比較的常識の範囲内で補強しています。

またAGC機能を使ってプラグインでの処理前と処理後の音量を同じにしています。
低域を補強し上がった音量分全体の音量を下げているため、高域は元の音より引っ込んでいます。


鬼補強ドラム



鬼補強と書いている物は、ドラム全てを出力した「MBassador Kick Dry」のファイルそのものにBASSもSUBもSUB2も使ってガッツリ補強してみました。
RANGEの機能のお陰でキックだけをガッツリ補強することが出来ます。


他は大した説明をする部分が無いのですが・・・w

よく使うパラメータを簡単に言うと、

・WET
このプラグインで足す音を付加する割合
Dry/WetのWet量を調節する感じ
Dryは特に原音が変わるわけでもなく、よくわからないので使わない

・RANGE
下からどの周波数までの音を検出するか

・SEPARATION
上記Rangeの位置でどのようにクロスオーバーさせるか

・SOLO BASS
付加する音だけを聴けます

・BASS
基音の増幅量と、増幅時の音のキャラクターを設定

・SUB
更にめっちゃ低い音を付加、感覚的に40Hz周辺

・SUB2
更に低い音を付加、20Hz辺り

・TONE、SATURATION
どちらも付加する音のキャラクターを変えると考えるとOK
SATURATIONは倍音を弄るため結構激しく変わる



今回どちらの音源にも、Bassしか使っていません。

で、SubとSub2を使った場合、それはそれはわけの分からないことに。
Sub2とかヘッドホンじゃ聴こえませんし。
聴こえないからってめちゃくちゃ上げたりしないように。



そんな感じです。
今回のプラグインは機能決め打ちみたいな感じのものなので短い記事ですねw

Nomad Factoryにも似たようなことが出来るプラグインがありますが、このMBassadorのほうが激しくかかり、そして鬼のように補強するというか主役を奪いかねないレベルでやってくれます。

ドッスンドッスン鳴らしたい方にオススメ(=゚ω゚)ノ


過去に書いたキックの低域補強の記事も置いときます。
【Kick】ドラムの低域を補強する方法【CubaseとStudio One】




12/14追記
Melda Productionの紹介コードと言うものが発行されました。
Melda Puroduction製品を初めて買う人が使用でき、使用者は20%オフで買えるようになります。

紹介者には使用者の購入額の10%がクレジットとして入ります。
双方にとって得なので、使ってもらえると嬉しいです!!!

紹介コード : MELDA9518985

【DTMプラグイン】気付けばそこに挿さっているプラグイン【2016/12/11版】

今年もこの記事の季節がやってきました。
数日前からそろそろこれの時期だなーなんて思いつつも、この関係の記事のオリジナルである中川さんが記事を書くのを待っていましたw
誰かのシリーズ記事のフォロワー的な記事を書く際、できるだけオリジナルよりも先に書かないようにする、と個人的には思っています。

オリジナル、中川さんの記事はこちら
気付いたら殆どいつも使ってるプラグイン2016

私の去年の記事
【DTMプラグイン】気付けばそこに挿さっているプラグイン【2015/12/16版】


中川さんのほうはラインナップがすごく変わったなって思いました。
私はここまで書いたこの時点ではまだ集計とかしてないんですが、大きな変化は無いように思います。


-2018/3/17追記-

こちらで最新の記事を書きました。

-追記ここまで-

 



【Positive Grid】Bias FX LEはメタル用!【アンプシミュ】

アンプシミュ熱がまた加熱し始めております、やまちゃです(=゚ω゚)


今回は、Focusriteのキャンペーンで貰ったBias FXの機能制限版、Bias FX LEです。
こんなの。

Bias FX


さっそくメタルなセットをしております。

とりあえず中身を、何が使えるのかを見てみましょう。
まずは使えるアンプ。

Bias FXアンプ

【JST】Toneforge Guilty Pleasureは背徳の味【アンプシミュレーター】

Tf GP


ひゃーーー!!!JSTから新しいアンプシミュだぜえええ!!!


Guilty=有罪
Pleasure=喜び

有罪の喜びを知りやがって・・・!!!


じゃなくて、有罪+喜び=背徳、かな?


背徳の叫び!!!笑
(背徳の掟です)



ってことで、さっそく使いましたー٩( 'ω' )و✧

今回はとりあえず色々混ぜ混ぜしたものから最初に。


Toneforge Guilty Pleasure Test mixed


【Nomad Factory】Analog Studio Rack(ASR)を使う【チャンネルストリップ】

ASR


はい、プラグインエフェクトの老舗Nomad FactoryのモジュラーラックプラグインのASRです。
ここでは初のNomad Factory、通称ノマドですね。


この見た目が微妙~に燃えるか萌えないかのギリギリのところを突くあたりがノマドですねw

音的にはノマドの傾向としてよく、
「音が古めかしい」
「アナログの解釈がちょっと・・・」
「ちょっと時代じゃないかな・・・」

なんて意見を見るとか見ないとか。


私個人的には、ノマドはすごーく好きです✧d( 'ω'd )✧
Powered By Nomad FactoryなPlug and Mixも好きです。
【Plug and Mix】Pro Series【簡易レビュー】


なのですが、最近出た系のBus Driver以降のプラグインのレビューってほぼないですよね。
なので、今回書こうと思いました。

あと、ブラックフライデーにこれがセールになると予想してw
プラグインメーカーの書き入れ時ですが、DTMerブロガーにとっても書き入れ時なのですw


【Junk Spider】簡単で多機能&高性能なギター音源 Junk Guitar LE【Kontaktライブラリー】

JG LE



実は以前の無償公開していた頃から名前は知っており、有償版のJunk Guitar V1になってめちゃめちゃパワーアップしたって聞いて気になっていました。

でも他に私の中での定番ギター音源はあるし、すぐ買うにはちょっと高いかなー?どうかなー?
なんて思ってたら、このLE版なんてのが低価格でリリースされました。


ので、買ってしまいました(=゚ω゚)ノ
私にしては珍しい、6弦レギュラーチューニングのギター音源です。

でここ数日、このArtilleryのKhomaniacのイントロを打ち込んだりこれで音をいじってました。。
軽くアレンジしてたり、By Inheritance版とDedry Relics版を混ぜてたりしてますが・・・



リズムギターの左、ど真ん中のリードギター、そして他リードギター3本がJunk Guitar LEです。
右のリズムギターのみVersus AudioのVS Burst LP Free。


原曲(By Inheritance版)



では打ち込みから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。