WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

DTM環境[Flux、Tone Boosters等プラグインエフェクト_2014/08/16編]

趣味DTMer、低予算DTMerの味方が本日現れます!
正義の味方(ヒーロー)は遅れて現れる、それがメキシコ式!
なので我らが味方は最後に出します。

ではまず追加したプラグインエフェクト
・Elemental Pack / Flux (プラグインパック)
・Ultra Channel / Eventide (期間限定フリー)
・Multi Dynamics 5 / Wave Arts
・Tube Saturator / Wave Arts
・TB TrackEssential bundle / Tone Boosters (プラグインパック)


○Elemental Pack / Flux
・Pure Limiter V3
PLim
かっこいいっしょ?ね?ね?かっこいいっしょ?
下に波形が表示されてどれだけ音を圧縮したかも表示される。
とりあえずカッコいいから買った。

・Pure Compressor V3
PComp
かっこいいっしょ?ね?ね?かっこいいっしょ?
右上にどれくらいで圧縮を始めたかとか、どれくらい圧縮するかとが表示されます。
そこら辺のコンプよりツマミが多くて難しい。
とりあえずカッコいいから買った。

・Pure Expander V3
PExp
かっこいいっしょ?ね?ね?かっこいいっしょ?
コンプ同様右上にどれくらいで圧縮を始めたかとか、どれくらい圧縮するかとが表示されます。
エキスパンダーはまだ使い道がよくわかんない・・・
とりあえず欲しかった上記2つに付いてきた。


さて、これらPureシリーズですが、私の環境では欠点が2つあります。
それは、
1、相性が悪いのかS1で使うと、これらを表示させてるときに後ろがカクカクな動きになる
2、同じプラグインを同プロジェクト内に2つ使うとDAWごと動作停止して落ちる

2とかあまりにも致命的過ぎw
Fluxのプラグインは全てそうなるみたいで、今現在Fluxのプラグインは使っていません、もったいない。
代理店のMedia Integrationといろいろやり取りしましたがそっちの人では同じ現象は起こっていません。
ネットで探しても起こってないし、でも何やらiLokと何かがあるという話は出てたのでそれかも。
原因は私のPCかもしれないし、iLokかもしれないしわからないのでPC新調するまでオアズケw

カクカクはCubaseだとならないんだけどなあ。
DAW落としはどっちでもなる。


○Ultra Channel / Eventide
UC
期間限定で無料配布していたチャンネルストリップ。
インプットゲイン、ゲート、コンプレッサー、Oプレッサーというコンプ、5バンドEQ、アウトプットゲイン、ピッチシフ、ディレイを積んでてすごい。
そんでついさっき知ったのだけど(笑)、こいつ、ゲート、コンプレッサー、Oプレッサー、5バンドEQの順番を入れ替えることが出来る!
こんな感じ!
UC2
すげえ!もっと使い込もう!
因みに今現在は$249で販売中、めっちゃ得した。


○Multi Dynamics 5 / Wave Arts
MD
定番なのかはよく知らないけど、人気はあるらしいWave Arts。
一時期Wavesの一部かと勘違いしてました。
これって要はマルチバンドコンプなんだけど、バンド数を最大6バンドまで好きなように増やせるんだよね、もちろん1バンドも可。
なんかハイゲイン、ローゲインとか良くわかんないパラメータが並んでる。
すごく良さそうだけど今はまだ全然使いこなせてないから練習しないとな!
セールで3980円で手に入れました、本来は定価17820円だそうです、オウイエス。


○Tube Saturator / Wave Arts
TS
さて、ある意味真打です。
音が良いことで、なんか特殊な技術を使ってることで、本物の真空管を再現していることで、

そ・し・て


死ぬほど重い


ということで有名なTube Saturatorです。
音はホントにいいんだよ、ホントに。
でも私のPCで1個挿したらCPU負荷率40%も上がっちゃう・・・
少ないプラグインだけで済ませてる間はいいんだけどね、アンプシミュレーターとか使ってるとヤバイ。
でも音がいいから損した気分になれない!フリーズするとかWAVに出力するとかして工夫しよう!
これ、EQ機能が何気に大好きです。

これもセールで3980円で手に入れましたが、定価は11880円だそうでした、得々やっほい。


さてさて、私が本当に紹介したかったのはこれ。

○TB TrackEssential bundle / Tone Boosters
これは8つのプラグインで1つパッケージになったプラグインパック。
内容としては、
・TB Ferox(テープサチュレーションシミュ)
・TB Module(Chorus, echo, phaser, tremolo, auto-pan, tape delayなどのモジュレーション系)
・TB TimeMachine(ビットクラッシャー?)
・TB Equalizer
・TB DeEsser
・TB Gate
・TB Reverb
・TB Compressor

というラインナップ。
この中でも特にテープサチュレーションシミュ、EQ、コンプレッサーが使える。

と言うことで、

・TB Ferox
Ferox
一つ一つのツマミは薄っすらとかかる印象だけど、ホントにいろんなツマミがあるのでそれらを組み合わせて自分が好きなようにいじる、オーバーサンプリングまである。
上手くやれば結構濃く出来るし、なかなか良い質感になる。
かなり自由度が高いかと。
因みに上位版似たものがあってそっちはTB ReelBusという、使ったこと無い。
TB ReelBusは業務用リールテープのシミュレーターで、Studer Revox A77mk4とTeac A4300SX をシミュレートしてる。

・TB Compressor
TBComp
なかなか珍しい、DryとWetのミックス具合を調節できるコンプ。
音に関してはまだはっきりとは分かってないのでアレだけど、調節がしやすいよ!

・TB Equalizer
TBEQ
6バンドのスペアナ付きEQ。
フィルタータイプは15種類から選べる。
さほどバッサリとカットするタイプではないけど、結構自然に削ってくれるし結構自然に盛る。
M/S処理も出来る。
んでスペアナ付きなのがすごくいい、ここに力を注いでいるのか設定が細かい。
左右幅が0.01oct単位で1.00octまで分けることが出来るし、表示速度は4種類あるし、表示方法はL+R合計、L/R、M/Sまで出来る。


さてこのTone Boosters、知ってる人もいるかと思いますが、実はフリーソフトで有名だった旧JBで、JBをやってた人が新たに立ち上げたプラグインメーカーだそうです。
音響心理学を勉強した人だそうでなかなか面白いプラグインも多いです。

そんな説明を聞けばなんか良さそうなメーカーに聞こえますが、これがめちゃくちゃリーズナブル。
上記のTrack Essential、なんと24.95ユーロ!3500円も出さずにこれら8個の、しかもTB Equalizerみたいな高機能なものまで入ったパックが買えるんです。
ここで一番最初の「趣味DTMer、低予算DTMerの味方」が現れたわけです。

んでここ、上位版プラグイン集もあります。
TB TrackEssential bundleより若干値が張るけどTB BusTools bundleっていうやつで、94.95ユーロで7つ。
(2015/01/20追記 全部入りバンドルとBus Toolsバンドルが無くなりました)
私としては上位版の中から欲しいものだけ選んで追加で買おうかなと思ってます。
今はTB FlX(ダイナミックEQ)とTB Barricade(マスタリンググレードブリックウォールリミッター)が欲しい、どっちも1つで19.95ユーロ。

因みに全部入りは109.95ユーロ。
アップグレードが無いのが残念です。

上記の通り全部入りバンドルとBus Toolsバンドルが無くなりました。

あ、忘れてた。
どれもこれも動作が軽いです、ガンガントラックに挿していきたい。

どうですか?欲しくなりましたか?私はTBからの回し者ではないですよ?
でもこんなに安く買えるんなら、Wave Artsの超絶セールよりも安く買えるんなら買っちゃおうと思いませんか?私はTBからの回し者ではないですよ?

とりあえずダウンロードしてデモ版を試すことも出来ます。

(2015/4/24追記)
Tone Boostersのプラグインについてもっと詳しく解説しました。
記事はこちら



よし!4つに渡る長い記事でしたが、これで満足!心置きなく寝て、心置きなく仕事して、心置きなく日本に帰国したいと思います!
帰国は来週の予定。





おっと、心置きなく作曲を忘れてた((~_△_))~

DTM環境[EZX、Shreddage等音源_2014/08/16編]

追加した音源。
・EZ Drummer 2 / Toontrack
・EZX Metal! / Toontrack
・Shreddage 2X / Impact Sound Works
・Scarbee Rickenbacker Bass / Native Instruments
・Synth Master 2 / KV331 Audio
・M1 Le / KORG (nano Control2購入特典)
・Lounge Lizard Session 4 / A|A|S (nano Control2購入特典)
・Strum Acoustic Session VST / A|A|S (nano Control2購入特典)
・Ultra Analog Session VST / A|A|S (nano Control2購入特典)
・ファミシンセII / mu-station (フリー)


いっぱいやね!( ゚∀ ゚)


んじゃあ早速画像その他いろいろ付き解説タイム!
よく見たい人は画像をクリックしてね!

DTM環境[Studio One_2014/08/16編]

今回追加したPresonusのStudio One Professional 2(以下S1)、まずは何故購入したのかと言うと、

DAW替えてみたかった
・最新のが欲しかった
・付属プラグインが好評だから
・出音が良かった(良いらしかった)から
・半額で買えたから

まあ良くある理由ですね。
Cubaseに若干飽きてきていたことと、使用Cubaseは5.5なのに既に7.5まで出ていてでもお布施をしてアップグレードする気にならなかったのと、Cubaseに比べて特にChannel StripやEQなどその他いろいろなプラグインが魅力的だったのと、音が良いとの評判だったのと、ちょうど欲しい度がピークのときに半額キャンペーンやってたからですな。

音が良いのはマジだった、と思った。
単純にCubaseから出力したWavファイルでも聴こえ方が若干違う。
なんというか明瞭、マジで。
音がわかりやすいので、今はミキシング作業に使っています。

ということは打ち込み作業時は使ってないと言うわけなのだけど、打ち込みはやっぱりちょっとした細かいところがCubaseのほうが親切で使いやすいしそれに慣れちゃったからかな。

S1は打ち込みからマスタリングまで一貫してやれると言うところが一つのセールスポイント、要は別で必要だったマスタリングソフトがこれ一本で解決!
と言うことなんですが、私はメタル系な曲ばっかりだし、世の中脱音圧な傾向にあってもメタル系は迫力を出すための音圧がすごく大事だと思うので、ミキシングの流れでマスタリングでやるような音圧上げを一緒に行っています。
そんで私は今のところ単曲でしか発表しない。
なのでこの機能は今のところ使わない。
そのうちアルバムとか出したくなったら使うかもね!


さてさて、前置きが長くなりましたが、ここからが画像付き説明タイム!
編集中の曲はHeadbanger's Anthem
画像はサムネをクリックすると大きなものが出ます。


○メイン画面。
S1トップ

まあ普通ですな。
こっちでは打ち込みをやらないので基本このようにオーディオデータだけ入れてます。


○ミキサー
S1ミキサー
わかりやすい。

普段はこのような画面になってますが、左下の赤枠で囲った部分をクリックすることで大小切り替えることが出来ます。
私は大のほうが好き。
他にも更にその少し上の矢印が右上を向いている小さなボタンでミキサーを取り外すことも出来ます。
S1ミキサー2


次からはお気に入りプラグインを掻い摘んで。
○ProEQ
ProEQ
スペアナ付きEQ、マジ重宝。
音は素直で色付けが少ない、と思う、多分。

これで初めてスペアナ付きEQ使ったけど、その魅力に惹かれてCubaseでも使えるようにサードパーティ製スペアナ付きEQ買ってしまった、Cubase7.5にすればサードパーティ製(Voxengo製)が付いてるのに。
特にS1は1画面完結型?で、常に画面にスペアナを表示しておいて他のプラグインをいじる、と言うのが出来ない?私がやり方を知らない?ので本当に役に立ちます。
(2015/1/20追記 右上の押しピンマークをクリックすることで常に前面に出しておくことが出来ました)

まあ、次か次の次くらいの記事で出てくるTone BoostersのTB Equalizerにすぐにほとんどの立場を奪われるのですが・・・


○Channel Strip
Channel Strip
まんまチャンネルストリップ。
私は以前チャンネルストリップの意味が分からなかったので簡単に書いておきますが、要はEQ、コンプ、エキスパンダーなどを組み合わせて1つのプラグインだけでトータル的に作業が出来るようにしてあるプラグインのことです。
本来はコンソールからこのようなトータル的に作業の出来るエフェクト部分を抜き出した(ストリップした)ものって意味だそうです。

このチャンネルストリップにはコンプもエキスパンダーにも1つしかツマミがないしEQにはQがないという、なんともザックリ感ッパナイ代物です。
しかもリリース速度と思われる「Fast」「Medium」「Slow」はコンプ、エキスパンダー共通のようです。
このザックリ感が好きな人もいるようです。
これに惹かれたのもS1購入の1つのきっかけなんだけど、全然使ってない。


○Fat Channel
FatChannel
Channel Stripの上位版。
内容的には最後段にリミッターが追加されただけでやることは一緒なんだけど、こっちのほうが細かく設定できる。
ザックリじゃない。
まさしくChannel Stripを太らせて(肉付けして)Fat Channel!
Channel StripよりFat Channelをよく使ってます。

確かS1フリーには付いてないはず、Professionalだけ?


○Red Light Dist
Red Light Dist
ディストーションエミュレーターなんだけど、結構良い質感なのよね。
Stagesとか右下のSoft Tubeって書いてあるところを変更出来るなど、意外といろいろできるディストーションです。

Headbanger's Anthemでは使ってないけどちょいちょい使う、いや出番が減ったかも。


○Saturation knob
Saturation knob
Red Light Distの出番が減った原因はこいつ。
こっちはサードパーティ製(Softube製)のサチュレーターなんだけど、2.5以降S1(プロとプロデューサーのみ)にはデフォルトで入るようになったそうです。
かなり好きな質感に変化する。
動作軽い(意味深)


○Groove Delay
Groove Delay
ディレイです。
タイミング、反響回数、フィルター、パン等々を細かく設定できるディレイです。
リードギターなど前に出てくる必要があるトラックにかけて豪華にしてたりします。


ん~、S1で良く使うのはこんなところかな?
他は持ってたプラグインや後に購入したプラグインなどを使っています。
あと、付属音源のほうは悪くないんだけど、既に持っていたサードパーティ製音源のほうが好きなためこれまた全く使っていない。
というかこっちでは打ち込みしてないからねー。


よし、DAW編はこんな感じです。
全然使いこなせてない感たっぷりですね!

次は音源編やります(`・ω・´)


DTM環境[導入編_2014/08/16]

さてさて、DTMで使っているプラグイン等ソフトがいろいろと増えたのでまた更新してみよう!
まずは増えた物でよく使うものや今後良く使うであろう物を羅列!

ソフト名 / メーカー名(特記事項ありの場合は括弧書き)


○DAW
・Studio One Professional 2 / Presonus

○音源
・EZ Drummer 2 / Toontrack
・EZX Metal! / Toontrack
・Shreddage 2X / Impact Sound Works
・Scarbee Rickenbacker Bass / Native Instruments
・Synth Master 2 / KV331 Audio
・M1 Le / KORG (nano Control2購入特典)
・Lounge Lizard Session 4 / A|A|S (nano Control2購入特典)
・Strum Acoustic Session VST / A|A|S (nano Control2購入特典)
・Ultra Analog Session VST / A|A|S (nano Control2購入特典)
・ファミシンセII / mu-station (フリー)

○プラグインエフェクト
・TB TrackEssential bundle/ Tone Boosters (プラグインパック)
・Elemental Pack / Flux (プラグインパック)
・Ultra Channel / Eventide (期間限定フリー)
・Multi Dynamics 5 / Wave Arts
・Tube Saturator / Wave Arts

○マルチパック
・Komplete Elements / Native Instruments (Studio One Professional 2付属)

○機材
・Microbook Ⅱ / MOTU
・nano Kontrol2 / KORG


いやあ、結構増えましたねw
これを全て1つの記事で紹介するのはちょっと記事的にも長くなり過ぎると思うのでいくつかに区切りたいと思います。
そちらはまた後ほど。


そんで最近狙っているのがこれ。
・どれか、もしくは全て / Plug and Mix
・Sweetone / Sonimus


○Plug and Mix
Plug and Mixというメーカーは今現在45個のプラグインを出しており、キャンペーンに参加するとこのうち好きなもの1つを無料でもらえます。
また、本家では1つ$59(今はキャンペーンで$49)、Don't Crackという海外の販売代理店では1つ$39という値段なのですが、全部入りのVIP Bundleを購入すると本家で$299、Don't Crackだと$249(なんということだ$199だったよ)と非常にリーズナブルに購入できます。
しかもVIP Bundle購入者には今後追加されたプラグインも無償提供なのだそうです、これはVIP待遇を受けたくなる。

このメーカーの魅力、それは・・・まだ使ったこと無いのだけど・・・
どのプラグインも最低限の機能しか載せてないかのようなツマミ等の少なさで単純明快であると言うこと。
あと、今現在で45個あるんだからプラグインが集まると喜ぶ人にとっても良コスパ!w


○Sweetone / Sonimus
最近あっちこっちでプラグインレビューブログを覗いているんだけど、これが結構好評みたいです。

トーンコントローラーなのかな?サチュレーター機能と簡単なパスフィルター機能付き!
やはり単純明快な作りと、程よい?確かな?効きが良いみたい。
そんでもって$25とリーズナブル!


さて、じゃあ次は追加したソフトの記事を書こうかな!


DTM環境について[2013/03/16]

なんとなく、私のDTM環境などについてまとめてみる。

●使用DAW
・Cubase 5
 だいぶ前に買った。
 6や7にアップグレードする必要性を感じない。
 キュベ
 画像をクリックすると拡大できます。
 画像は現在編集中の曲のデータ。

●持ってるソフト音源
・KONTAKT 5
 今一番使ってる。
 拡張音源が多数あり、かなり幅広い使用ができる。
 最近チュートリアル動画を見たので用途の幅が広がりそう。
 コンタクト5

・Shreddage Guitar(KONTAKT用ライブラリ)
 リズムギター専用ライブラリ、かなり使う。
 良く出来た音源の中では安価、安価なのに良く出来た音源。
 鶏と卵どっちが先?論争が勃発するレベル。
 普通のShreddage GuitarとShreddage Guitar Xを組み合わせることで真の力を発揮。
 Shraddage Guitar

・V-Metal(KONTAKT用ライブラリ)
 超ハイスペックギターライブラリ。
 全ポジションが入っているため、ギターソロの作成も可能。
 いろーーーんな奏法まで入っててマジすごい。
 が、めちゃ容量食うし複雑なので今はLite版を使うことが多い。
 完成度の割りに安いほうだと思う。
 V-Metal

・Shreddage Bass(KONTAKT用ライブラリ)
 このメーカーすごい。
 これも使用頻度激高のベース音源。
 硬質で高音成分も結構含んでてかっこよい。
 Shreddage Bass

・EZ Drummer
 ドラム音源。
 なかなかに良いソフトではあるけど、最近もっといろんな良いドラム音源が出てるので存在感は薄くなってきてる。
 そんな中では比較的動作が軽いほうで、良く使ってる。
 もともと入ってる音もいろいろあるし、拡張音源を使用していろんなタイプの音を使い分けることが出来る。
 EZ Drummer

・EZX Drumkit From Hell(EZ Drummer用ライブラリ)
 初めてのメタル用ドラム音源。
 スネアのカンカン具合が特に好き。
 DFH

・EZX METAL HEADS(EZ Drummer用ライブラリ)
 これもメタル用ドラム音源。
 こっちはボカンボカンなるスネア。
 強烈なバスドラムが欲しいときはこれ。
 MetalHeads

・EZX METAL MACHINE(EZ Drummer用ライブラリ)
 またしてもメタル用ドラム音源。
 ポコポコスネア。
 タムが一番かっこよい。
 MetalMachine

・MorphoX
 ソフトシンセ。
 二つの音をオートメーションでリアルタイムに合成することが出来るソフト。
 面白そうだから買ったのだけど、全然扱えてない。
 今度がんばる!
 MorphoX

・その他
 キュベ付属とか定番のSynth1とかSuperWaveとか。
 キュベ付属が一番使ってる。


●エフェクト関係プラグイン
・Amplitube 3
 ギター、ベースアンプシミュレーター、一番良く使う。
 STOMP部、アンプ部、キャビネット部、ラック部があり、かなり細かい設定が出来る。
 また、モデリングされた各部分を個別に購入でき、かなり自由なシミュレートが出来る。
 アンプ部でSOLDANOのSLO100がお気に入り。
 マイクの位置を調整するところまでシミュレートするとかすごい。
 Amplitube3
 Amplitube3_2


・T-RackS
 総合エフェクトプラグイン。
 EQ、コンプレッサー、マキシマイザーなどを1つのプラグインで複数起動して使用することが出来る。
 それぞれ単体で起動することも出来る。
 私はデラックス版+単体専用2種の12種類持っている。
 いつ手に入れたか覚えてないけど、あのキャンペーンでかなと想像はついている。
 画像は複数起動時。
 T-rackS3

・CSR
 リバーブシミュレートプラグイン。
 リバーブ、所謂残響音をシミュレートするプラグイン。
 私は主にFXトラックに起動して使用。
 これもT-rackS3を手に入れた(と思っている)キャンペーンでもらったやつ。
 CSR

・Blue Cat's Freq Analyst
 スペクトラムアナライザー。
 どの周波数帯域にどれぐらいの音量が出ているかを調べるメーター。
 ここに画像を貼ったものの中で唯一フリーソフト。
 キュベ付属よりも分かりやすくよく使う。
 見た目がかっこいい。
 BCFA

・その他
 あとはキュベ付属か、フリーソフト。
 フリーではJB VST plugin bundleがオススメかな。


●PCスペック
 PC:NEC LavieG Lタイプ
 OS:Win7 64bit
 コア:core i7 M620
 CPU:8GB(4GB×2)
 クロック数:2.67GHz
 Cドライブ:SSD 64GB
 Dドライブ:HDD 500GB


●外部機器
・microKey2
 コルグの小型キーボード。
 有ると無いとでは大違い。

・microPad2
 同じくコルグの小型パッド。
 カオシレイターが付いてて良い感じ。
 のはずが、まだ使ったこと無い。

・CI2
 オーディオインターフェイス。
 ちょっと重いので出張先には持っていってないが、出来れば毎回使いたい。

・T90
 ヘッドホン。
 当然スピーカーは持っていけないのでヘッドホンでミックスする。


ここまでが環境。
長いよねw


さて、現在の私の思考としては、
・ヘヴィなギター、ベース、ドラムにファミコンとも間違えそうな音を使用した曲
 正直言うとJ研でいろいろ作ってた頃、かなび(cannabizkit)さんが作るファミメタが気に入ったため。
 私自身、ファミコンの音好きですし。
 さらに言うとソフトシンセでギターソロを再現するのはかなり手間がかかる、無理に近いほど難しいため。
 あと、メロディをギターで作ったアレンジが多すぎて飽きるため。

・とりあえずアレンジを増やそう!
 作曲時のテクニックとか、プラグインについての知識が足りない!
 もっと簡単に打ち込みをやる方法も見に付けたい!
 ってことでしばらくはアレンジ中心のつもり。

・ミニマル?
 と、上でアレンジを~と言った矢先にいきなりオリジナルを作ったりしちゃうのが私です。
 ちょっとミニマルとメタルを組み合わせられないかと、現在頭の中で試行錯誤中。


とまあ、こんな感じです。

最初の編集中の曲を完成させたら、次もアレンジで行く予定です。
おおよその曲は決めてます。
その次ミニマルメタルに挑戦かな?

最近DTMへのモチベーションが高いし、プラグインへの理解度も上がってきたし、今後もがんばっちゃう!