WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

【アルバム】Masquerade In Blood / Sodom【レビュー】

Masquerade In Blood


またまたSodomです。
ドイツのベテランスラッシュメタルバンド。
これは7thアルバム(1995年)。
13曲収録。


なるほど、、、噂通りのきったない音です(笑)
ベース&ボーカルのトムおじさんの意向でこういう音になってるんだそうです。
暴虐にもほどがあるぞ!


ジャケットは、革命?
Sodomジャケおなじみの兵隊さんが誰かを人質?捕らえていますね。
Sodom兵さんチィーッス!

後ろの仮面をしたドレスの女性にほんのりエロスを感じたかと思いきや、そうでもなかったのでスルーです。


今回は上記のようにきったない音なのでなんと形容したら良いか分かりませんが・・・
きったないザクザクギター、相変わらずバゴンバゴンベギンベギンなトムおじさんのベース、音質悪いせいでちょっとチープなドラム。
その割にボーカルが思ったよりキレイな音、トムおじさんのあの声だからか?
今回はより一層ベースのバギンバギン度が上がっているようです。

好きなトラックは、
#1、2、3、4、6、9、11、13

Top3は、


#3 Fields Of Honour
Sodomらしいロックなノリだけど、やはりSodomらしいスラッシーでポップさなど微塵も無い1曲。
ロック且つスラッシュでスラッシュ寄りな感じ。
ギターのズンズンズンズン・・・、ベースのバンババンバゴンバンババンバゴン・・・
ドラムのドンダドッドダンドンダドッドダン・・・
これは良い!


#1 Masquerade In Blood
これぞ凶悪スラッシュリフ!とも言うべき、凶悪且つかっこよいリフのイントロ!
これがまたライブ版を聴くとカッコいいのよ!(`・ω・´)


#4 Braindead
全曲中でも特に激しいベースの音が聴ける曲。
なんというか、ギターの音を跳ね除け過ぎですw
そして、ちょっとSlayer気味な狂ったようなギターソロ、やはり凶悪としか言いようが無い。


さすがSodomというか、やはりSodomというか、なにやってんだSodomというか。
この音質の悪さは暴走しちゃってる感ありますけど、そのせいかものすごく極悪になってます。
前回のSlayerがスラッシュの枠を飛び出したのなら、Sodomは極悪スラッシュの頂点でしょう。
極悪度で言えばSlayerなんて比ではありません。

ただこのアルバムは極悪度激高ですが、良いアルバムとは言えなそうです。
ちょっと暴走がすぎるぜ!
まぁ後半のダレがちょっときついからなんですけどね。


評価 ★3


動画はFields Of Honour



【アルバム】Better Off Dead / Sodom【レビュー】

Better Off Dead


ドイツのスラッシュメタルバンド、Sodomの4thアルバム(1990年)です。
12曲収録。


えと、おなじみの私が一番好きなバンドですが、このCDは最近入手しました。


ジャケ・・・
何か出てきてるよぉ~;;
何かに見られてるよぉ~;;怖いよぉ~;;

とまぁそんな感じのジャケですね。


内容はいつものSodomというか、いつも以上にスピードチューンとスローな曲の分かれ目がはっきりしていますな~。
やはりというか、ギターの素の音を残しつつ歪んだ音と合わせた感じのギター、いつものバギンバギンなベース、1stとかと比べるとドタバタ感がかなりなくなってるドラム。

最初期と比べてやはり全体的にすごく聴きやすくなってますよね。
やっぱりMotörheadが好きなのか、その影響を強く聴ける曲が多くなったためかと思われます。


好きなトラックは、
#1、2、3、4、7、8、9、12

Top3は、


#2 Shellfire Defense
すんごくスラッシーで、すんごい邪悪な感じ!
他のSodomの曲と比べてもここまで邪悪な物はなかなか無いでしょう。
それにしても何この刻みの速さ。
さすが、アメリカでMetallicaとSlayerが最速争いをしている中、その横でこっそり両バンドを超える速さで演奏していただけありますな。


#12 Stalinorgel
かなりロックンロールなノリに、スラッシュメタルを合わせた様な曲ですね。
確実にMotörheadの影響でしょう。
以前に紹介したライブ盤、One Night in Bangkokの最後の曲でもあります。


#3 The Saw is the Law
またしても上記と同じくOne Night in Bangkok収録曲ですね。
こちらで聴くとあれです、やはりライブで聴いたときのすごさがあまり出ていない。
それでも良曲なのでは、と思っています。
それほどスラッシーでもないため人によっては飛ばしてしまうかもしれませんが、曲構成の面で言えばTop1の#2以上であると思います。


なんというか、あれです。
良い曲は良い、があまり気に入らない曲も多い。
そんなアルバムになってしまいました。
上記3つのようなものや他にも良い曲はあるのですが、それ以外もちょっと目立ってしまった、そんなイメージが残りました。
自分の中でのイメージするTomのドスの効いた声ではなかったから、なのかもしれません。


評価 ★3


動画はShellfire Defense



【アルバム】'Til Death Do Us Unite / Sodom【レビュー】

'Til Death Do Us Unite


ドイツのスラッシュメタルバンド、Sodomの8thアルバム(1997年、2006年)です。
私が持っているのは上のジャケット、2006年のリマスター盤です。
15曲収録。


いやぁ~、Sodomっていいですね!(個人的見解)

私が一番好きなバンド、Sodomですよ~^^


ジャケット、一見妊婦に挟まれたドクロ。
かと思いきや、私の見解では右が妊婦、左が肥満男です。
おっぱいの膨らみ方、乳首のたち方、腹が膨らんでいる場所と垂れ具合からするとそんな感じです。

別に研究とかしたわけではありません。
女の体をいろいろと見てきたわけでもありません。

公式でなんか出されてないのかな?


Sodomらしい音と言いますか、ギター本来の芯を残して作ったようなザクザクな音、バゴンバゴンな(意味不明)ベースの音に、リマスターであるにも関わらずそんなに音が良いほうでは無いと思います。
全体的に(Sodomにしては)速くないと思いますが、そんな中に爆速な曲が入るとかっこいいのね。
タイトル曲の'Til Death Do Us Uniteはゆっくりです、何故タイトル曲をゆっくりな曲にしたのだろうか?
まあそれでもすごい邪悪で好きなんだけどね。
邪悪なのが好きなら聴くほどに好きになるはずです。

好きなトラックは、
#1、2、3、4、5、7、8、10、11、12、13、15

Top3は、


#2 Fuck The Police
邪悪です、すごく邪悪です。
Sodomのメイン、ベース&ボーカルのTom Angelripperは警察と何かやらかしたのでしょうか?
とりあえず、
ファックポリース!ファックポリース!


#15 Hey, hey, hey Rock'n Roll Star
何かのカバーでしょうか?
あまり知識の多くない私には分からないのですが、あまりSodomが作るような曲調ではない気がするのでそう思いました。
が、内容はいいんですよねー。
以前に紹介したバンコクライブの盤の最後の締めにこの曲の軽快なパートを使われていて気になっていたので、この盤で元を知ったときは嬉しかったです。


#5 Hanging Judge [Remastered Version]
本アルバムの中でも特に速く、そしてバゴンバゴンのベースを特に堪能できる曲です。
Sodomらしさが特に出た曲ではないでしょうか。


相変わらずというか、トムおじさんの作曲はすごいなと思います。
これくらいの時期までだと特にゴリ押しなリフも結構あるんですが上手く違う曲に仕上げてるんですよね。

それにしても、この次の盤が特にすごいんですよね・・・


どうもこの盤は今は廃盤のようで、結構な額で売られています。
買うときはよく価格を確認しましょう。


評価 ★4


動画はFuck The Police



【アルバム】One night in Bangkok / Sodom【レビュー】

One Night Bangkok.jpg


ドイツのベテラン、ジャーマンスラッシュ3羽鴉の1つ、SodomのLive盤(2003年)です。
24曲収録。
私が一番好きなLive盤です。


ものすごくかっこいいのですよ!
曲もいっぱい入ってるし!

これがきっかけでSodomのCDを集めるようになりました。


ジャケットはアレですよね、タイ的な・・・


音は極悪、さすがドイツの極悪スラッシャーと言うオビを作られるだけある。
音が悪いと言う意味ではないです、音はライブ盤としては良いほうなのでは。
凶悪な音、ということです。

名曲揃い、佳曲がライブにより名曲になる瞬間、そんな曲ばっかりです。
そんな曲揃いもですが、なんと言っても曲間の繋ぎが絶妙。
The Vice of Killing ~ Der Wachturm ~ The Saw is the Lowとはホントに最高。

特に好きな曲Blasphemerでは原曲のイントロ最初部分が演奏されてないですが、そんなことが気にならないすごさ。

Sodomは3ピースバンドなのでライブ時ではギターソロになるとリズムギターがなくなりますが、そんなことは後からそういえば~と思うほどの違和感のなさです。

Top3を出す前に、今回のTop3にはAgent Orenge、Code Red、M-16、Blasphemerの分かりきった曲は入れません。
では、その上でのTop3は、


#4 The Saw is the Law
ものすごくライブ映えする曲で、めちゃ格好良いです。
疾走ではないですが、すごいスピード感です。
ソーウ!イズザローウ!


#7 Remember the Fallen
こちらはライブ映えというより、ライブにより名曲にランクアップしたというべき曲です。
CD音源とは別次元のカッコよさがあります。


#19 The Enemy Inside
この時期にはまだThe Enemy Insideが収録されたセルフタイトルアルバム「Sodom」は発売されてません。
ときどきある、ライブでの新曲発表ですね。
CD音源とまた違った雰囲気ですし、まだ曲を練ってる途中だったのでしょうか。
こういうのが聴けるのは貴重ですね。


というわけで、非常に気に入ってる曲が多いアルバムです。
いや、逆に言うとこのアルバムからSodomにハマったので、好きな曲がこのCDに収録されたものに偏っていると言うべきですかね。

初めてSodomを聴く人で、このCDから入るのもありです。

初期の邪悪な曲、そのあとのハードコア的な曲、そして超名曲、しっかり詰まってます。
発売されているSodomベスト盤よりこっちをベスト盤として買ったほうが良いと思います。


評価 ★5


まぁ実はもっとPersecution Maniaとかから疾走曲をいっぱい持ってきて欲しかったですが、このCDを買ったのはそれらを聴く前でしたしすごく満足できます。

動画はThe Saw is the Law(Live版)



Hellfest live / Sodom

HellFest_Live_Sodom


どこよりも?早くお届け!
6/18にあったSodomのHellfestのLive映像!

セットリストが最高
新曲もしっかりはまってる!
Sodomの曲の中でも特に好きな部類に入るBlasphemerが今まで見た映像でも一番攻撃的に演奏されてる!
最後のほうでDVDが何たらって行ってたけど、DVDにしちゃうのかな?


セットリスト
In War and Pieces
The Vice of Killing
Outbreak of Evil
The Saw Is the Law
Sodomized
M-16
Agent Orange
The Art of Killing Poetry
Blasphemer
Remember the Fallen


やっぱりSodomは最高やで!
[ 2011/06/20 01:32 ] Thrash Metal Sodom | TB(0) | CM(0)

【アルバム】Code Red / Sodom【レビュー】

Code Red



最高




いやぁ、私が今一番好きなバンドの一番好きなアルバムです。

ジャーマンスラッシュメタル三羽鴉の一つとして知られるSodomの9thアルバム(1999年)です。

もうね、暴虐の限りを尽くしたかのようなアルバムですよ!
どの曲も遅かろうが速かろうが攻撃性が詰まっています。
スラッシュメタルがここに詰まっています。
まさに狂気とはこのこと。

ジャケットには、右手にスパイクロッド、左手にチェーンソーを持った、何かもうジェイソンにも余裕勝ちするのではないかと思ってしまうような人が描かれています。
でも両肩から掛けた弾丸ベルトはいつ使うのだろうとか思っちゃったりもしますが、気にしたら負けです。

気に入ったのは~、どれもこれも気に入ってるのですが;
なのでその辺はとばしてTop3は好きな順に、

#2 Code Red
退かぬ、媚びぬ、顧みぬ
そんなレベルではありません。
最強、最凶、最狂
である。

#7 Warlike Conspiracy
突進、このアルバムのどの曲にも言える事ですが、この曲はギターソロ後に小気味の良い8分刻みのリフがあります。
突進も好きなのですが、実は一番好きなリフは淡々と小気味よく刻む8分ミュートなのです。

#9 The Vice of Killing
この曲、途中に3連譜を中心にしたリフがあるのです。
3連譜中心の曲、リフはカッコいい法則!


アルバム通して曲の雰囲気などは似ていますが、どれも何かしらの差別化がされていてすごく良いです。
一気に最後まで聴き終え、最後にまたCode Redが聴きたくなるでしょう。
Sodom最高の名盤だと思います。


評価 文句無しの★5+


以前に作った着メロ
Code Red


動画はCode Red